【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

東区の自然林 ひのまる公園

札幌市北区と東区は比較的自然の少ない地域だけど、東区を散歩していると木々の鬱蒼とした公園に出会うことがある。話によるとそれらは開拓以前から残る原生林に近い存在だったりするらしいので、調べてみた。
ファイル 57-1.jpg
ひのまる公園は札幌市東区北41条東10丁目の丘珠空港通に面した公園で、札幌に暮しているとよく通りがかる所にある。東区のサイトによると明治時代の日の丸農場の跡地に造られたためひのまる公園と名付けられたらしい。
ファイル 57-2.jpg
開拓以前を偲ばせる自然林が残されていて、公園にしては木々の密度が高く、googleの衛星写真で見ると住宅街の中にぽつんと林が取り残されているように見える。中には遊具や池・記念碑などがあり子供から年寄りまで幅広い層の人々が訪れていた。猛暑の日でも公園の近くに来るだけで多少冷やりとする。
ファイル 57-3.jpg
札幌の地名を案内するページにもひのまる公園の由来が載っている。
ひのまる公園
北海中学(後の北海高校)創設者・浅羽靖(あさばしずか)所有の浅羽農場を、明治後期に日の丸商店の店主・松本菊次郎が買い上げ、日の丸農場と名付けた。
同農場では化学肥料と機械を使用する近代的アメリカ農法でエン麦などを作付けし、徐徐に稲作への転換を図ったが、終戦後、農地解放により現在の公園敷地である4㌶のみを残し小作人に解放された。
「ひのまる公園」は、昭和48年にその跡地に作られた公園である。
公園中央に「日の丸農場記念之碑」がある
ファイル 57-4.jpg
ひのまる公園に併設されている野球場は貯留施設になっていて、河川の氾濫を防ぐ堤防としての機能を持っていることを解説するサイトもあった。またひのまる公園が心霊スポットとして紹介されてるページもある。
ファイル 57-5.jpg


デジモノ(ガジェット)ブログの一覧へ→にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる