【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

ブログ検索エンジンに登録される方法は

このブログも無事にgoogleとMSNに登録された。yahooやask.jpへの登録はもう少し先かもしれない。検索エンジン各社はウェブ検索とは別 に「ブログ検索エンジン」も提供しているけれど、今現在うちはlivedoorブログ検索のみ登録されてるようだ。googleとyahooと ask.jpはまだ未登録。一概に比較はできないけどとりあえずこういう結果になった。

以前、自前でブログツールをインストールしていた ときはどのブログ検索にも登録されなくて厭世観を味わった記憶がある。ためしに知り合いのブログの名前を入れてみると、各社ごとにヒットしたりしなかった りした。自分のブログが表示されないだけならいいけれど、他人のブログでみつからないのはちょっと困る。

それでどうすれば自分のブログを検索に登録してもらえるか、それと世の中に存在するブログを余すことなく検索したいときはどうすればいいのか。それを知るために各エンジンのヘルプをよく読んでみることにした。
Google ブログ検索について
http://www.google.co.jp/intl/ja/help/about_blogsearch.html
Yahoo!ブログ検索の検索結果に表示されるには
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog-search/blog-search-18.html
Ask.jp PINGサーバー公開のお知らせ
http://blog.ask.jp/2006/05/askjpping.html
ブログ検索にブログを登録するには?
http://helpguide.livedoor.com/help/search/qa/grp529/2698#2698
どこのブログ検索でもブログを公開すれば自動的にロボットが収集にやってきて登録されるというのが基本的な流れのようだ。登録作業などは必要ないことになっている。てことはやっぱり被リンクやページランクといった要素が必要になってくるんだろうか。

ただブログ検索ではPING送信することでより早く確実にクロールされるようにできるとされている。メジャーな検索エンジンではほとんどPINGサーバーが用意されていて利用することができる。ここまでは基本的に大差ない。
google::http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
goo::http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
yahoo::http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
ask.jp::http://ping.ask.jp/xmlrpc.m
livedoor::http://rpc.reader.livedoor.com/ping
ところが禁止ワードがフィルタリングされて掲載されない可能性もある。gooブログ検索は特に禁止ワードの制限が厳しいらしく、以前のブログは(別にアダルトでもアンダーグラウンド内容でもない普通のブログなのに)最後までgooブログ検索には登録されなかった。
goo BLOGのpingサーバーにはじかれるコトバたち
http://nueda.main.jp/blog/archives/000090.html
どうすれば世の中のブログ記事を余すことなく検索できるかに関しては、ブログ検索のヘルプを読むだけではよくわからなかった。同じ単語で複数のエンジンを試すか普通にWEB検索するしかなさそうな気がする。

googleに囲まれた生活

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる