2008年10月18日

札幌家系ラーメン

札幌では、ラーメン好きの人の前で好きなラーメンは山岡家のラーメンだといってもあまり賛同を得られない。チェーン店だからだめなのかよくわからないけれど、ラーメン通の間ではあまり人気がない。道内だけで30店も構えて営業しているところから考えてもかなりの数のファンがいるはずなんだけども。

山岡家みたいなラーメンは「家系ラーメン」というジャンルに含まれ、横浜を中心に「○○家」「××家」…といった具合に同ジャンルのラーメン店が複数存在していることを最近知った。かつては札幌にも「六角家」「らもみ」に代表される家系と呼ばれるラーメン店があったのだけど、残念なことに私が家系の存在を知るころにはすでに閉店してしまっていた。山岡家を正統派家系ラーメンと認めないという意見を無視すれば、札幌市内では山岡家以外に家系ラーメンを食べられる場所が存在しなく、山岡家が唯一の札幌家系ラーメンという状態だったのだ。

鴇の家という名前のラーメン屋を見つけても、それは「ときのいえ」と読むと知ってがっかりしたり(でもここはうまかった)、山家(やまや)というラーメン屋を見つけてもそれは家系とはぜんぜん関係ないことを知ってがっかりしたりして、やっぱり札幌に山岡家以外の家系ラーメンは存在しないんだと改めて実感した。

ところが、なにげなくネット検索したところ、今年新しい家系ラーメンが札幌にオープンしていることがわかった。しかも自宅から歩いていける範囲に。

つづく

0 件のコメント:

このブログの人気記事