【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

怪しさ満点のマイナスイオン歯ブラシ「キスユー」 その磨き心地は刺激的

昨日「キスユー」の歯ブラシを買いました。ツルハドラッグで340円くらいで売られていました。

イオン歯ブラシのトップメーカー KISS YOU

キスユーの基本情報

イオン歯ブラシ。マイナスイオンの力の歯ブラシです。そのために歯ブラシの中に電池が入っていて、金属の板に触れることでパワーが発揮されます。この電池は1年くらいもつそうです。

私が10代の頃、キスユーかその前身の商品が新聞広告を賑わせていたことがあります。その頃は通販ということで気軽には手に入らなかったし、価格も結構高めだったように思います。それが今では普通の歯ブラシの2倍もしなくなっていました。

どうみてもオカルトです

はい、胡散臭いです。まずマイナスイオンという用語、「マイナスイオン(微弱電流)」という説明、この商品の仕組みがもし本当ならなぜ大手メーカーが参入しないのか、などなどいろいろな疑問が湧きでてきます。

この商品が主流になってしまうとハミガキが売れなくなるため大手メーカーの圧力がかかっている……という陰謀論は一見すじみちがあるようにみえますが、そんなこともないでしょう。ふつうにドラッグストアで買えるので。

でも体験せずに過ごすくらいならダメもとで体験してみたほうがいいと思い、この価格も手伝ってひとつ入手してみました。毛先の種類によっていくつかのバリエーションがあるようですが、「普通」と書かれたものを選びました。

その磨き心地

少し歯を磨いてみて気がついたのは、ブラシの部分が大雑把だということ、すぐ歯茎が痛くなって血が出てきます。これがマイナスイオンのパワーなのでしょうか。某隣国(北のほう)の歯ブラシをTVで見たことがありますが、あれも雑な印象でした。サンスターの歯ブラシに持ち替えてみると、強めに擦っても全然痛くならないので、やっぱりブラシが悪いのだと思います。

そしてキスユーの磨き心地は……

……あれ……結構歯がつるつるになってr

【参考サイト】
歯磨き粉業界の黒いワナ 〜 キスユー

【グッズ系の関連記事】


コメント

長谷川隆史 さんの投稿…
私も買いました。良かった。
これで磨かないで口の中をマイナスイオン化しておいて、別途の電動歯ブラシで磨くという手を使います。

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる