420円でできる和風ペンダント照明の自作

■計画編

世の中にいろいろと嫌なことがあります。その中でも上位のほうに、和室に洋風ペンダントという組み合わせがあります。…というのももともともとの和風ペンダントライトが壊れたときに適当に選んだ私が悪いのですが…。まさかこんなになるとは。

和風ペンダントライトを探すために、数件のリサイクルショップを巡りました。セカンドストリートやオフハウスなどへ行くと洋風のペンダントライトに関しては結構いいものが安く売られているのですが、和風のものになると見つかりません。あるとすれば1灯タイプのものばかりです。

ニトリも安くていいものがありますけど、和風のは電球1灯のものしか置いてありませんでした。

じゃあ自作するのはどうかなと、ひらめきました。いまある洋風ペンダントの傘だけ外して和風のものに付け替えるのです。ネットで和風ペンダントのバリエーションを調べながら、自作へ向けて計画を立ててみました。
こんなのは作れないけど
これならいける???
これはかっこいい!
夢は広がっていく…
木枠を組んで和紙を張ろうとかいろいろ考えたのですが、まずは試作第一弾として簡単そうなものから手を付けてみることにしました。

■制作編

購入するのは木目シートと工作用紙。合わせて420円(ダイソー)。あとはさみと両面テープを使います。

工作用紙を10㎝の幅に
こんなシートがダイソーで売られています
工作用紙に木目シートを張ります
一本完成!
いい勢いで作られていきます。
今度は用紙を切る前にシートを張ります
一枚作って
10㎝幅に切ります
と、順調に作っていたものの、採寸がいい加減なせいで予定より小さくなってしまいました。適当にやってきた罰です。
失敗
ショックのあまり写真がないのですが、予定の半分のサイズ(5㎝幅)で作り続けることにしました。
ほとんど目見当です
こんな部品を作って
こんな仕掛けを作ります
■設置編

と、ざっくりと進めてきましたが、いよいよ形が出来上がってきたので、天井に着けてみることにしました。すると…。
笑うしかない感じです
一番の敗因は内側が工作用紙なこと
設置してみて分かったのですが、ペンダント照明は昼間は外側しか見えませんが、スイッチを入れるとおもに内側しか見えません。その内側が工作用紙ならよくないです。

しかし先ほど失敗して(半分の幅になったので)余った木目紙を内側に張り付けてみました。けがの功名です。といっても下半分だけですが…。
しただけ木目です
角度によってはまじめに見える!!
■まとめ編

とまあこんな感じになりました。

【関連記事】


コメント