使用機材:IK MULTIMEDIA VOCALIVE (iPhone用MTR)

iPhone アプリのMTRです。このアプリ用のマイクはたくさん宣伝されていたので見たことがある人もいるかも知れません。

本当はボーカル用

正確にはボーカルを収録してエフェクトをかけてミックスするアプリなのかもしれませんが、私はただのマルチトラックレコーダーとして使っています。

テープレコーダーのような操作で、部分録音も再生も直感的にできることが気に入っています。

入出力も充実

iPodライブラリからのインポート(ボーカルキャンセルも可能)、ミックスしたファイルをEメールなどで送信できるなど、入出力も充実しています。

没頭できる環境

パソコンとDAWがあればMTRなんかより、何倍も高度な作業ができるはずです。家の外で録音するわけでもないなら、PC1台で十分な気もします。

でもPC上のDAWソフトの環境の安定性はいまいち信頼しきれないきらいもあります。録音しようと思ったら、ドライバのフリーズから、ケーブル・端子・スイッチなど物理的な接触不良まで、様々なトラブルで急に音が出なくなって中断してしまうことがよくあります。

それに比べてiPhoneなら本体にイヤホンが刺さっているだけです。ケーブルが抜けたり絡まったりすることが殆ど無い。ドライバもそんなにへんにならない。

作業の集中率は断然上がります。

実際の使い方についてはこちらのサイトが参考になるかも。
【iPadで曲作り-3】 ボーカルFXアプリ「VocaLive」

【関連記事】程々にDTM: 使用機材:IPOD TOUCH (MTR・バーチャル楽器など) iPod touch でDTMするメリット


【スマホアプリ関連記事】

コメント