【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

篠笛の良さ 音色の神秘性と、そして…

その昔、なぜだかわからないけれど篠笛という楽器がかっこいいと思って、しばらくはただの憧れだったのですが、その後禁煙などを経て、練習を始めてみることにしました。

扱いが楽

篠笛を選んで良かったと思う点はたくさん見つかります。某ページでは真面目な考察がされていたりしますが、ここではもっと身近な例を。

たとえば持ち運びが楽なこと。どこへ行くにもほとんど邪魔になりません。手に持つのはもちろんバッグに入れてもほとんど収まります。

安い

また楽器の中ではかなり安価な部類です。2~3万あれば最高級の笛が買える。1万あればプロ級の笛が買える。1680円あれば初心者には十分なプラ管が買える。圧倒的な安さです。

でも他の楽器より篠笛の方が練習しにくい点も見つかっていきます。

それはまたの次回に書くことにします。詳しくは次回。音の大きさと練習場所の見つけにくさについて書いています。

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる