【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

篠笛の練習で困ること 最大の理由

篠笛の練習しにくい理由。前回の記事「篠笛のいいところ

楽器の練習をするなら、のびのびとおもいっきり、誰にも邪魔されずに熱中したいと思います。

しかしどう考えても篠笛の音は大きい。ネットで調べてみたら篠笛の音はフルートやトランペットよりずっと大きいのだそうです。

エレキギター・シンセ系などヘッドフォンでも練習できる楽器は多いですし、ピアノ・バイオリン・金管など音を小さく出来る楽器もあります。篠笛はどうなのでしょうか。

消音器はない

音を小さくする装置のようなものはないかも調べてみたのですが、一般的に横笛やリコーダーのように「穴のたくさんある楽器」は消音器が使えないそうです。逆にトランペットのように穴がひとつの楽器のために消音器があるのだそうです。

参考:フルートにミュートってありますか?


シンプルな音故に

それに篠笛のような倍音の少ない音は遠くまで届きやすい性質があるようです。祭り囃子のときは遠くまで聞こえていいのかもしれません。しかし普段の練習にはやっかいです。

騒音レベルの例についてはこちら

防音室というお金持ちの選択もありますが、庶民にできることがあるとしたら、練習場所を工夫するくらいです。練習場所についての詳しくはまた次回に。

【追記】篠笛練習と防音の話1: 防音は難しいと思っていましたが、篠笛の場合は音の成分が遮音しやすい性質を持っているそうです。

【関連記事一覧】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる