【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

ボーカルカットによるカラオケ作成とキージェン時のコツ2

CDなどからボーカルをカットしてカラオケを作る方法を前回書きました。ボーカルカットするだけでも多少の音荒れは覚悟しなければなりませんが、キーを上げ下げするとさらにサウンドの不快さはましてしまいます。

しかしキーの高い歌を歌いたいとき、移調できない楽器を使うとき、大きめのキーチェンジをしたい時があります。

アコギを弾けるならどんなキーにも対応できるし、MIDIの演奏にして凌ぐことも出来ます。でもそれは面倒だからCDからどうしても取りたいときも多い。

キーを下げると起こること

あるときインスペクタというVSTを見ながら気づいたのは、オーディオの音程を下げれば下げるほど全体の成分が低音寄りになってしまうことです。
これは元々の音楽ファイル
キーを下げると全体的に低音寄りになった。この低音過多の状態が不快さの原因ではないだろうか。
低音カットがいける

じゃあ低音をカットすればどうだろう、と思いました。それでやって見ました。

すると超低音がすっきりしたせいなのか、意外とキーを変えたことによる不快さが軽減されました。

逆もあり

これはキーをあげるときにも有効で、キーを上げたときはイコライザーで高音部分を抑えめにしてみると、バランスが改善されます。

グライコを活用

実際に低音を削ったり高音を削ったりする方法はいろいろありますが、一番簡単で確実なのは、SoundEngineFreeの場合、音質メニューのグラフィックイコライザーを使うことです。
ミニコンポやカーステレオでも同じものグラフィックイコライザー、通称グライコ

はじめの記事、練習用カラオケファイルを手に入れる方法5つに戻る。MIDIを買う、カラオケを買う、ボーカルをカットするなどについて。

【この記事の関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる