ボーカルカットによるカラオケ作成とキーチェンジのコツ

前回、カラオケを手に入れる5つの方法について書きました。CDがあれば自分でボーカルカットしてカラオケを作ってしまうのがてっとり早いです。曲によって上手くいかないこともありますが、試す価値はあり。

ネット情報

その中のボーカルキャンセルによるカラオケ作成の方法。ネットに詳しく掲載されているのでまとめてみました。

SoundEngine Free活用:ボーカル抜きのカラオケ音源を作る :教えて君.net
FL Studioを使った手探りのDTM FLStudio7:CD音源に合わせて演奏する(伴奏のカラオケ化)

SoundEngine Freeというフリーソフトは私もほぼメインで使っていますSoundEngine ボーカルカットでカラオケ用BGM作成 / 豆知識(Tips) - soundengine.jpボーカルカット / SoundEngine Freeオンラインヘルプ - soundengine.jpに公式の情報があります。

意識しているコツは、

■歌の部分だけカットして、イントロや間奏はなにもしないことで、聴覚上の音質を保持する。
■パラメータを工夫する

です。SoundEngineFreeのパラメータは公式サイトに詳しく書いてあって参考になります。

SoundEngine ボーカルカットのパラメータ調整 / 豆知識(Tips) - soundengine.jp

音質悪化は覚悟

さて、ボーカルキャンセルによるカラオケ作成では、綺麗に消える場合と、うまく消えない場合があり、どちらにしろ多少の音荒れは覚悟しなければなりません。

さらに厄介なのはキーチェンジです。半音音上げ半音音下げならそれほど気にならなくても、2音くらい変えるとだんだん不快さが増していきます。

軽減策

それは結局、仕方のないことなのですが、EQを使ってある程度軽減する方法を発見しました。それについてはまた次回書くことにします

コメント