【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

Music Creator 5でGsnapを使う設定

パフュームみたいなケロケロボイスを使ってみたい。カラオケで歌った音程を補正したい。といったときに使われる、ボコーダーやピッチ補正ソフトなどと呼ばれるものは、高価過ぎてDTM庶民にはなかなか手の届かない存在。



そんなピッチ補正ソフトの定番フリーソフトといえば、あのGSnapです。ケロケロボイスにはKeroVeeというフリーの選択肢もありますが、Gsnapは主にピッチ補正として私はよく使います。

使い方は一般的なVSTとそう違わず、難しいのはスケールを選ぶところと、アタック・リリースを始めとするパラメータをいじるくらいです。ただしオートの場合。

Gsnap をMIDIモード(MIDIのノートにあわせて音程を補正してくれるモード)で使うには、ちょっとわかりにくい初期設定が必要でした。それもSONAR系のホストに特有の問題らしく、検索しても答えがわからない時もありました。

そんなGsnapのMIDIモードの使い方(MusicCreator5版)をまとめている方のページを見つけたので紹介します。

何度目かの挑戦: MUSIC CREATOR 5で、VSTプラグインにMIDI演奏情報を送信する設定メモ

【関連記事】程々にDTM: DAMの精密採点っぽいことを PCで実現してみる(ほぼフリー)Gsnapを使ったちょっとしたアイディア。

程々にDTM: ボーカル編集ソフト ピッチを修正できる! Gsnapの強力なライバルともいえる。ボーカルのピッチ修正ソフト。

SONAR好きと Cubase好き。対決。


【この記事の関連記事】



【Music Creator 関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる