【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

PCの音を何でも録音する方法

動画からオーディオを抜き出すVideo2mp3といったツールや、DRM解除ソフトのようなものもあるのかもしれませんが、PCで再生できるものは再生しながら録音したほうが手っ取り早いことが多い気がします。

パソコン内部の音を何でも録音する方法です。対応しているパソコンと、未対応なパソコンがありますが、一旦アナログ化してしまえば対応していないパソコンでも録音可能です。

パソコンが対応しているかどうか


対応しているハードを持っていると有利です。デスクトップの右下のタスクトレイのスピーカーアイコンをクリックして「録音デバイス」を選びます。


WAVE・ステレオミックス・再生リダイレクト・ミキシングといった名前の項目があればそれは対応ハードです。おめでとうございます。

対応していない場合

対応していない場合は、別途サウンドカードやオーディオインターフェイスを購入する必要があります。WAVE・ステレオミックス・再生リダイレクトといったキーワードで探すと良いと思います。最近ではニコニコ生放送対応って書いてあったりします。


ハードを買わなきゃダメかというとそうではなくて、少々荒っぽい方法で録音することも出来ます。普段スピーカーとつないでるライン出力と、ライン入力を線でつないでしまうことです。

ソフトの録音設定を「ライン入力」に合わせればハウリングしないはず。我が家の環境ではうまくいきました。アナログ録音ですが、直に繋いでいるので比較的いい音で取れると思います。

ソフトを用意する

先のチェックでステレオミックスに対応しているハードだった場合、録音ソフトを用意しましょう。録音デバイスを個別に選択できるものの方がやりやすいと思うので、SoundEngine Freeがおすすめです。

SoundEngineの設定方法


録音タブをクリックして録音モードにします。


デバイスを選択するところで、うちの場合WAVEに合わせます。名前は前に書いたようなバリエーションがあります。

いざ録音

スタートボタンを押すと録音開始。止めるときは録音ボタンを押します。



仕上げ・編集


録音された波形のいらないところをマウスで選択して、Deleteボタンでカットすることも出来ます。また音量メニューからノーマライズを選ぶことで、音量を大きく(でも歪まないギリギリの所まで自動的に)できます。

【関連記事】動画からオーディオを抜き出すvideo2mp3がひどい事に 動画からオーディオを抜き出せるオンラインのサービス。どっちが早いかは状況による。

Video2mp3について追記 その補足記事です。

格安オーディオでクオリティーを上げること 少しでもいい音で録音したい、でもお金はない、という方はこちらへ

【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる