【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

ボーカル編集ソフト~無料で簡単にピッチを修正できる!

前に書いたピッチ検出ソフトのピッチ検出ソフト Pitch Monitorの関係のある、ボーカル編集ソフト VocalShifterも使ってみました。

詳しい解説記事を書きました。ピッチ補正の記事とタイミング補正の記事です。あわせてどうぞ。

ボーカルの音程を修正するのって、妙な中毒性があって楽しいです。むしろ悪い意味で麻薬性があるかも?

フリーのピッチ修正ソフト

感じとしては単音のボーカルを録音したWAVを読み込んで、MIDIのピッチを修正するみたいに、マウスで線を引いていく感じです。ピッチ検出ソフトの「線」をマウスで引き直せるようでもあります。

このシリーズで耳コピ支援ソフトの、「採譜支援ソフト WaveTone」も使っている人が多いようです。WAVを読み込んでコードを認識したりできるそうです。

基本的にはすぐ使える

奥の深いソフトなのかもしれませんが、基本操作としてはマウスで線を引くだけで、それで機械的な音声になることもなく自然な編集ができてしまいます。

慣れが必要なのはドからドまでの12本の線を見ながらスケールを頭の中でイメージするくらいです。

それにしても結構うまい人の歌声でも、(特に速いフレーズなんかは)音程ってあやふやなものだんですね。

Gsnapとの違い

目で見て修正できるからなのか、それともソフトの性能なのか、このソフトのほうがGsnapより自然な仕上がりになるように思います。ほぼ自動なGsnapと完全手動のVocalShifterという違いが出ている気がします。

ちなみに

本来こういった音声補正のツールは基本的に高価なものだと思います。わりと庶民的な価格帯で音声補正が出来る環境としては

Music Maker MX - 高性能音楽作成ソフトウェア



があります。ボーカロイドな人たちに人気があるようです。


【つづき】詳しい解説記事を書きました。ピッチ補正の記事とタイミング補正の記事です。あわせてどうぞ。

【この記事の関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる