【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

DTMとマウス いますぐ設定を見なおそう

DTM中(作曲やミックス)の画面の動画配信を見かけることがあります。他人の作業しているところを見るのは、いろいろ刺激があって楽しいです。

マウス派はすごい

いわゆる「マウス派」の方の手さばきを見て、思わず「うちとぜんぜん違う!」って思ってしまいました。一切迷いなく的確な場所に音符をポンポンと置いていたからです。演奏するのとあまり変らない速さなのでは、と思えるほど。

ピアノロールと曲のスケールが頭の中で一致しているんでしょうか。ピアノロールの設定、マウスの性能、手の器用さなど、色々関係していそうです。

マウスの設定

DAWソフトを使っていると、線を引いたり、摘みをリアルタイムに動かす場面があります。この時のマウスの設定が重要なのをごぞんじでしょうか。

日本語のWindowsでは「ポインタの精度を高める」となっている、加速度の設定です。このオプションを使うとき、マウスを素早く動かすとポインタの動きも早くなります。標準ではONになっています。

ビジネスソフトなどには有利なこのオプションも、線を引いたりする作業には悪影響しかありません。その手の分野では常識だと思われます。

ポインタの精度を高める、オフの効能

光学式マウスの話(加速度について) - Tari Lari Runから引用させていただくと、加速度の有無で「あ」を書くとこれだけの違いがあるとのこと。実際このくらいの実感はあります。
加速度があったほうが便利なソフトも多いですが、
なめらかな線を引くことに関してはデメリットしかない

Microsoft Express mouse

数日前、マウスが5年ぶりくらいに壊れたので買い換えました。レーザーより高精度なトラッキング技術といわれるところに惹かれて、Microsoft Express mouseにしました。マイクロソフトからマイクロソフトの買い替えです。確かにポインタの精度は文句なし。ボタン形状は慣れが必要そう。

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる