【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

練習不要!godanキーボードの快適さはフリック超えか

Googleから新しい日本語入力方法が提案されました。AndroidのGoogle日本語入力で使えるGodanキーボードです。



レビューといえる程のものではないですが、感想をまとめたいと思いました。

まず思ったのは、初めてなのにもかかわらずこんなにスイスイ打てる方式は今までなかったな、ということです。

いままでのこう言うものは「慣れたら楽」なものです。パソコンのキーボード入力は言うまでもなく、あのフリックでさえ慣れないうちは手をプルプルさせながら練習するものでした。

なのに、これは違います。最初からそれなりに打ててしまいます。初日のストレスがほとんどありません。

Godanはフリックを超えたんでしょうか。

打っていて思うのは、キーの並び方がとても自然なことです。ここまで規則的で、それでいて効率的な配置を見つけるのは相当大変だったでしょう。

効率的なのが良いのは当たり前として、規則的なことは新しいキーボードの必須条件なのかもしれませんね。富士通の親指シフトにしろ新JIS配列にしろ、不規則なものはたいてい流行りません。

あと思ったのはGodanは日本語を打つことに比べて、カタカナ語を打つのは比較的慣れが必要です。濁音や長音を打つのにフリック操作が必要だからです。

そういう意味では日本語に特化しているとも言えます。

あとこれが練習なしでそれなりに打てるのは、元々パソコンのローマ字入力ができるからかもしれません。全くの初めての人ならまた違った感想を持つかもしれません。

しかし単にローマ字入力に慣れているから快適なのか、そもそも日本語入力というものはローマ字入力系と相性が良いのか気になるところです。

ちなみに今日のこの記事はGodanで書くというお約束をやってます。このままGodanに慣れたらどうなるのか、そのうち追記したいと思います。

【スマホアプリ関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる