【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

「Google Apps」無償版の新規受付終了 今後どうしよう

無料版のGoogle Appsが終わり、というニュースがちょっと前に飛んできました。

Google Appsの企業向け無償版終了 - ITmedia エンタープライズ

「Google Apps」無償版の新規受付終了、現行ユーザーは継続利用が可能 -INTERNET Watch

すでに利用しているユーザーはそのまま無料で使い続けることができるということです。しかし、Google Appsっていまどうなんでしょう。特に私みたいに個人で使っている場合、使う意味があるんでしょうか。

今後もし全面的に有料化されたりしたとして、それでも使い続けたほうがいいかといわれたら、ちょっと疑問に思います。


Appsは簡単に言えば、Googleアカウントを独自ドメインで使えるものといえますが、全く同じではありません。

昔からAppsではできないことが幾つかありました。WEB履歴がないとか、Googleリーダーの移行ができないなど、「※ただしGoogleAppsは除く」といわれて残念な思いをすることが何度かありました。

Android携帯でさえAppsのアカウントではすべての機能を使えないこともありました。それらはほとんど改善されたとはいえ、いまだにYoutubeなどでApps独自仕様は残っています。

また、Appsを使い始めてから数年の間、Androidの登場も手伝ってか、Gmailの価値ってすごく上がったと思います。この場合は「~@gmail.com」のドメインのことです。携帯メールの一種という扱いをされるケースが増えてきました。

独自ドメインのメールを使っているせいでフィルタで弾かれることもあるかもしれませんし、gmail.comのメールは登録できるけど独自ドメインは登録できないサービスもあるかもしれません。

じゃあ個人がGoogle Appsを使う理由ってなんでしょう、って考えてしまうんです。

【関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる