【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

これがカインズホームのバンド付きノートB7だ

カインズホームのオリジナル商品で、バンド付きのハードカバーなノートがあるらしいという情報が、某巨大掲示板群の中であって、近所のカインズホームへ行ってみたらありました。

ひとことで言えばモレスキン風のノート。カインズだからカイスキンという愛称がつくかどうかはまだわかりません。

お店にはB7とB6とA5がありました。とりあえず一番小さいB7を購入。他社はA6スリムを基準としているようですが、カインズはBなんだそうです。

さっそく見て行きましょう。

外観はこんな感じ。まだビニールにくるまれています。バンドは紫なんですね。
裏から見るとこうなります。クリックすると拡大しますよ。
次は中を見てみましょう。
その前に同業他社(?)であるダイソー(通称ダイスキン)とセリアのハードカバーノートを比べてみます。

A6スリムとB7を並べると、一回り小さいくらいであまり差が無いように見えます。

ビニールを取りました
ゴムバンドの付け方は他と大きく変わらない様子

このノートにはポケットがあるということで、探してみると、一番最後にありました。

思ったよりゆったりしたポケット、いろいろ入りそうです。
罫線は6ミリ。余白がないのが嬉しい。
ただこれもノートの罫線にしては濃い目のきがする。
裏の説明のアップです。クリックすると拡大しますよ。
背から見た様子。
表紙をもう一度
6mm罫で72枚あることがわかります。

【グッズ系の関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる