【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

ワイヤレスヘッドホンとしてのBluetooth と FMトランスミッター

私はキーボードやマウスが無線になる必要をあまり感じていません。マウスもキーボードもほとんどいつも固定されています。配線は多少スッキリするかもしれませんが、PCのいろいろな配線のうちの2本程度なくなるだけです。

もしPCの画面が無線になったら、まるごと無線にするのも悪く無いですが、PC画面が無線でも優先 有線でも同じように使えるようになる日はまだ来ません。

でもPCの音だけは無線化してほしい。人間はマウスやキーボードと違ってよく動くので、線があるとじゃまに感じることが多いからです。たとえばトイレにいく時でもPCの音を聞いていたいときはあります。ヘッドホンが無線なら可能です。

そんな訳で今年の正月くらいに、Bluetoothのヘッドセットを導入してみましたので、いくつか感想を書いておきたいと思います。

ところで私は前はよくFMトランスミッターとラジオをワイヤレスヘッドホン代わりにしていました。FMトランスミッターとは、わかりわすく言うと小さなFMラジオ放送局のようなもので、そのまわりの半径10mくらいで受信できる電波を出すことができます。

元々は車のカーステレオでウォークマン(最近はiPod)の音を聞くための需要があるものだったり、簡易的なトランシーバーとして使われたりするもので、ワイヤレスヘッドホンのように使うこともできます。

そんな従来からあるFMトランスミッターと流行りのBluetoothヘッドフォンの比較をしてみたいと思います。

■傍受(盗聴)

一番大きな違いは傍受の可能性です。FMトランスミッターの出す電波はようするにただのFMラジオの電波なので、普通のラジオさえあれば簡単に傍受できてしまいます。だから傍受されやすいです。

もちろん微弱な電波なのであまり遠くには飛ばず、半径10mに人がいなければ大丈夫でしょう。でも傍受可能なことには変わりないので、変なものを聞かれないように気をつけたいところです。

■接続性

BluetoothといえばPCか携帯電話・タブレット型端末で主に使われるという印象があります。便利なアダプタが売られているのでPCにBluetooth機能を追加することは簡単ですが、従来のオーディオ機器などをBluetooth化することは難しいです。

FMトランスミッターならいわゆるヘッドフォン端子のついてるものなら接続可能なので、テレビでもミニコンポでも何でも繋げられます。そういう所で便利です。

■距離

製品によるのかもしれませんが、Bluetoothの「最大10m」って意外に短いです。部屋にセットして家の外に出たら、つまり間に壁があったらすぐ聞こえなくなります。

FM電波は飛距離的にはあまり変わらないとしても、家の外に出るくらいでは問題なしでした。実用上の利用範囲としてはFMトランスミッターのほうが広いのかもしれません。

■操作の難しさ

Bluetoothはそれなりに複雑です。FMトランスミッターはアナログな使いやすさです。

■価格・手に入りやすさ

FMトランスミッターは仕組みが盗聴器と似ていて、改造して盗聴器に転用することが比較的容易なためか、家の中で長時間使えるものが少ないです。車用のDC12Vのものを、AC100Vで使えるようにするなど、工夫が要ります。

ところが車用のFMトランスミッターはほとんどすべて音楽用であるし、昔から有るものなので、Bluetooth機器よりは簡単にいいものが手に入ります。

■双方向

ただヘッドホンじゃなくてヘッドセットとしてマイクも使いたい場合はBluetooth 一択になります。

■まとめ

Bluetoothヘッドセットを買うまで、Bluetoothって万能なイメージが有りましたが、飛距離など意外にFMトランスミッターのほうが楽に扱える点がありました。

傍受される心配さえなければまだまだFMトランスミッターも選択肢に入りそうです。

コメント

Shu MIURA さんの投稿…
面白い考察ですね。

Bluetoothと無線USBの歴史は同じぐらいの古さでしょうか。
USBサウンドデバイスそのものを無線USBを使って無線化するのも可能といえば可能ですね。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B001NP7PPY/

第4の選択としてリモートデスクトップを利用する手もあります。
オープンソースのVNCや無料のTeamviewer8ならiPhoneなどでも音声を受信できます。

画面解像度は要求される一方で、ケーブルをどんなに太くしても足りないほどだそうです。
http://cpplover.blogspot.jp/2012/10/2560x1600.html

映像の複製防止のためにほんの0-2メートル程の距離をHDMIで暗号化している現状ではディスプレイの無線化は夢のまた夢でしょうね。
Shu MIURA さんの投稿…
このコメントは投稿者によって削除されました。
漢字 さんの投稿…
PC画面が無線でも優先でも
って
有線
じゃないの?
taro さんの投稿…
そうですね。ご指摘ありがとうございます

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる