【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

フリーソフトでピッチ補正をしたいとき、VSTのGsnapで半自動的に行うこともできます。が、ピッチ編集ソフトVocalShifterも便利です。前に軽く紹介した記事の続きです。これがあれば無料で簡単にボーカルの編集ができるので、早速使っていきましょう。

【Music Creator 関連記事】



■インストール&起動

Ackie Sound ダウンロード

使い方はまずダウンロードして、ZIP解凍して好きなところにインストールします。

これを書いている時点では開発中バージョンのため、次のような画面が毎回出ます。OKをクリックしましょう。

■WAVを読み込む

WAVの読み込みは簡単です。WAVファイルをVocalSifterのメイン画面にドラッグ・アンド・ドロップするだけです。直感的ですね。

このソフトの新しいバージョンにはトラックの概念があるので、トラック1にカラオケ、トラック2にボーカルのWAVを読み込む、といったこともできます。

■編集

読み込んだWAVファイルの波形が表示されているので、ダブルクリックすると編集画面に移行します。

■拡大表示

そのままだとC以外の音名が表示されなかったりします。拡大ボタンを押して上下に必要なだけ広げると作業しやすくなります。すべての音名が一覧できます。

■編集

主に使うのは鉛筆マークのアイコンと、選択範囲のアイコンです。鉛筆モードは黄色い線を直接描くことで直感的にピッチを編集でき、範囲選択モードでは選んだ範囲のピッチを移動させることができます。

タイミング編集モードへ続きます。

-----------

ところでDTMをフリーソフトでやってみたいという方は多いと思われますが、実はあまりお勧めできません。フリーソフトによるすごい作品は実はプロの犯行であることが多いと思いませんか?

なぜオーディオ編集でフリーソフトがおすすめできないのか、ほかの記事でまとめていたりします。

【関連記事】

コメント

Kazuki Toda さんの投稿…
こんにちは!

vocalshifterを用いて生声のピッチ修正を行いたいのですが、再生時に修正前と修正後の音が両方聞こえてくる仕様を変更できません。

どうすれば修正前の音を消すことが出来るのでしょうか?
Kazuki Toda さんの投稿…
こんにちは!

vocalshifterを用いて生声のピッチ修正を行いたいのですが、再生時に修正前と修正後の音が両方聞こえてくる仕様を変更できません。

どうすれば修正前の音を消すことが出来るのでしょうか?
taro さんの投稿…
こんにちは。
いつの間にか新しいバージョンが出てたみたいで、フリーのほうを早速ダウンロードしてみました。
が、音がダブルで再生される現象は再現できず、どうして修正前の音が聞こえるのかちょっとわかりませんでした。
もう少し調べて何かわかったらここで書きます。

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

DVDを高画質化してみる