ついに本命がでたのか OCN モバイル エントリー d LTE 980

2013年4月6日のこと。格安SIM界にまたまた新顔が登場しました。

OCN モバイル エントリー d LTE 980 | OCN プロバイダ(インターネット接続)
データ端末 | OCN モバイル エントリー d LTE 980

特徴はなんといっても1日30MBなら高速通信という設定です。30MB超えると100kbpsの低速に規制されます。月額は980円。

楽天は月200MBというプランをだしましたけど、もっとうまい切り口があったんですね。最大で月900MBって考えればお得感ありますし、1日毎の設定というのが低速格安SIMの利用スタイルにマッチしている気がします。

今回は「1日30MB」がユーザーの心をがっちり掴んでいるみたいですが、まだまだ他に組み合わせは無数にあるような気がします。高速通信の利用を混雑時以外とか深夜のみとかに制限するようなプランが今後登場するかもしれません。実際にどんなのになるかはまだわかりませんが。

最大のネックはLTE端末のみということです。3GのみのFOMA端末には対応してません。よって対応機種が異常に少なく、手を出せない人がたくさんいると思われます。

ところがサービス開始後まさかの「対応宣言」をしました(予定なのでいまはまだ対応していません)。

話ではLTEのみに限定したほうが費用を低く抑えることができるらしいですが、あとからFOMA対応可能ならなんで最初から対応しなかったのという気はします。

しかし今回の3G端末対応で、NTTコミュニケーションズの本気さみたいのが伝わってきます。どこかで読んだけど、30万回線を目指しているというのもうなずけます。

このOCN 980のSIMはAmazonで購入することができます。3150円の事務手数料より、3150円のパッケージ購入価格とした方が気が楽だと、誰かが言ってましたけどそういう効果を狙っているのかもしれません。

登場後、microSIM、標準SIMの順ですぐさま売り切れました。復活が待たれます。ネットの評判・口コミによると、今のところ速度は出ているとのことです。

という感じで格安SIMの本命の予感が漂うこのプランですが、ほんの数日後so-netが新たな対抗策を出してくるとは誰も予想してなかったのです。

つづく……。

【追記】

4月19日ごろ、FOMA端末対応の日が発表されました。5月23日からFOMA(3G)端末に対応するようです。

いまは正式には7つしかない対応端末が一気に増えることになります。その上このような低価格SIMのユーザーは安価な3G端末の利用を好みそうだし、何か状況に大きな変化がありそうですね。

アマゾンの入荷予定は4月30日です。早く届いても待たされた上に料金がかかるかもしれないし、あまりゆっくりしているとまた売り切れて5月23日以降のお届けになってしまう恐れもあり、チキンレース状態が続きそうですね。

つづく

【格安スマホ関連記事】

コメント

人気の投稿