【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

これがセリアのバンド付きハードカバーノートだ

セリアにダイスキン(もとはといえばモレスキン)風ノートがあるということで、お店に行ってみたらありました。

表から見た感じ。HBBというのは何でしょう。

裏から。バンドの付け根はあまり綺麗とはいえないけれど・・・

歴代のハードカバー・バンド付きノートを並べてみた。左はカインズホーム。中はダイソー。右はセリア。

今回入手したのは方眼のものです。端まで線が引いてあり、色も濃すぎないので使いやすそう。


パッと見た感じ初期ダイスキンに似た商品という感じがしました。でも紙の白さ・線の薄さ・綺麗さではセリアのほうが上手かも。


【グッズ系の関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる