【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

【MVNO】格安でスマホを持つために払う「犠牲」とは

格安でスマホを持つことができます。もちろん通常の契約とは違って、何かを犠牲にして代償を払わないといけません。何を犠牲にするかについての記事です。

■1台持ちを諦める

まだまだ音声付きのMVNOは一般的でなく、たいての格安SIMはデータ通信のみです。音声用のケータイを別に持つ必要があります。持ち物が1つ増えるのが結構厄介です。それに電話帳や写真などのデータの管理も複雑になってしまいます。

■音声通話をIP電話アプリ

音声用ケータイを持たずに050から始まるIP電話をつかう方法もあります。相手に050をケータイ電話として認識されない恐れもありますし、IP電話のアプリは電話に比べれば不安定で待ち受け時間も短いものです。それなりの不便さを強いられるでしょう。

■通信速度

低速時200kbpsくらいの格安SIMが多いです。ウェブをみるならページが表示されるのをじっと待つだけでいいのですが、動画視聴やIP電話を諦めなければならないこともあります。

■転送量

格安SIMは高速通信が月500MB(IIJmioなど)だったり、日30MB(OCNなど)だったりするケースが多いです。つまり使える時間が少ないということです。

これが醍醐味ともいえるのですが、キャリアの通常の契約に比べたら考えることが増えますし、不便なことも多いです。

速度と転送量は密接に関係していて、高速通信が終わったら低速モードに切替わるサービスが一般的です。

■端末の機能

格安でスマホを手に入れようとしたら、当然安い機種を選ぶことになります。

・OSのバージョンが低い(入るアプリの種類が少ない)
・動作が遅い
・Flashが使えない(使えないサイトが有る)
・ストレージ容量が少ない(アプリが入らない)
・デザインや色が限定される
・ワンセグやおサイフがない
・LTE非対応で3Gしか使えない

など。

■細かいところでは

アンテナピクトが表示されない、A-GPSが使えない、セルスタンバイ問題が発生するなどの影響があります。

そういう理由があるからこそ、格安でスマホを持てることになります。

【格安スマホ関連記事】


コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる