【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

IIJmioからOCNモバイルONEに乗り換えてみたら・・・

今月からスマホのSIM(MVNO)をIIJmioからOCNモバイルONEに変更してみました。毎日30MB使えるプランです。

理由は2つあって、ひとつは過去の自分の利用スタイルを振り返ったら1日30MBも使ってないことです。OCNなら「常に」高速通信ができると言っても言い過ぎではありません。

それだけならわざわざ初期費用を払って乗り換えることもないんですが、理由の2つ目はいろいろなMVNOの格安SIMを乗り換えてブログのネタにしてやろうといったところです。

量販店でパックを購入してその日のうちに使えるようになりました。LTEの高速通信は信じられないくらいのスピードで、家の固定回線と見分けがつかないほどです。そりゃ理論値が112.5Mbpsがだから当たり前と言われればそれまでですが、モバイルでここまで快適なのかとびっくりしました。

3GでもUSBテザリングなら、LTEよりほんのワンテンポ遅れるくらいで、快適そのものです。下手なADSLより良いかもしれません。

がしかし、3GのWi-Fiテザリングだとどうもその快適さを感じられないのが正直なところです。

高速状態、200kbps状態それぞれを比較するとIIJmioより明らかに遅いような、信じたくないような、そんな感じです。

ただ3GのWi-Fiテザリングの場合のみ現れる症状で、USB接続なら快適そのもの。もしかしたら設定などに問題があるのかもしれなく、いまいろいろ調べているところです。

■SMS対応は

乗り換えたのはちょうどSMS対応SIMの交換(無料)について発表されたときです。でもまだ正式にリリースされてないので、いつになるかわかりません。

そうしているうちにBIGLOBEから1ヶ月1GBで初期費用無料(キャンペーン時のみ)のプランが発表されましたね。OCNやIIJmioからなにかしらの対抗策がありそうです。いまだMVNO界は話題が尽きません。

【格安スマホ関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる