セリア、キャンドゥ、ダイソーの105円ヘッドフォンを購入して聴き比べてみた

イヤホン・ヘッドフォンをよく使い、よく壊します。いい音がするのももちろん大事なのですが、最近はハードに使えることも大事になってきました。それに私がヘッドホンを使うのは音楽を聞くためとは限らず、おしゃべり中心のらラジオ・ポッドキャスト・オーディオブックも多いので、音質がそれほど重要じゃない時もあります。

そこで活躍していたのがセリアのスフィアヘッドホン(105円)なのですが……、原色のピンクしか残っていないみたいです。少なくとも近所のセリアでは。

仕方ないので新規開拓、ということでセリア・キャンドゥ・ダイソーの105円(もうすぐ108円)ヘッドホンを購入して聴き比べてみました。


3つ揃えてみて思ったのは、見た目・質感にほとんど優劣がないことです。言われなければ100円とは思われないような気もするくらいです。

音ははっきり別れました。


■ダイソー ダイヤモンドカット
百円らしい音です。低音スカスカの昔のラジカセ・ラジオサウンド。その代わり音は素直な感じで、いやらしい音ではありません。

■セリア 丸七 ZY-74
低音がはっきり出ています。そのせいで一部の音が強調されえいて、わざとらしく聞こえるきらいもあります。しかし小さめの音で聞きたいとき、市街地など相対的にヘッドホンの音が小さくなってしまう時にはあまり気になりません。

■キャンドゥ No.17101
スカスカのダイソー、低音強すぎのセリアに対して、一番バランスのとれた音だと思います。音がクリアとはいえないので、いい音と感じる程ではないです。

という感じでキャンドゥがいい感じで、音楽を聞くならセリア・キャンドゥの製品を選ぶのが適していると思います。がトーク中心のファイルを聞くときは、ダイソーの素直なサウンドも捨てがたいといったところです。

何にせよ100円ショップでそこそこ使えるヘッドフォンが売られていることで、水濡れや断線が怖くなくなるのは嬉しいです。

私もヘッドホンに音の良さを求めていますが、もう一つ大事にしているのは、聞いてて耳が痛くならないことです。ある程度の価格の製品に比べて、安物は耳への優しさが足りないように思います。ここで上げた3つも、そこはあと一歩という感じです。

-----------

100円ショップには意外と良いものありますよね。でも色々ある中でこれは買ったらだめだと思うものがありました。というか100円ショップはなぜ存在できるのか。それらのことについてほかの記事に書いてあります。

【グッズ系の関連記事】

コメント