【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

MVNO 格安SIMで使える iPhone 買いました 1

前々からAndroidとiPhoneは両方必要じゃないかと常々考えていて、ついに人生初 iPhone 買いました。

特にMVNOの格安SIMで利用するならば、どのiPhoneがいいか調べてみると、次のような傾向があることがわかりました。

SIMフリー版 高い
キャリアのiPhone 安い ロック解除できることがある

iPhone 3GS 化石
iPhone 4 古すぎて制限が多い、ロック解除にマニアックな条件・手続きが必要
iPhone 4S ロック解除が比較的し易い。価格もこなれている。最新OSに対応。
iPhone 5 新しい故にロック解除の方法が確立されているとはいえないかも
iPhone 5C ドコモ版なら確実。アップル製品の中では異例の値崩れ状態

まあこのブログのテーマがいつの間にかビンボー・スマホ生活みたいになっていることもあり(?)、iPhone 4Sが最も向いてると言えます。

次にソフトバンク版とau版のどちらがいいかいうと、びっくりすることにどちらでもロック解除して使えるとのこと。

ソフトバンク版 テザリング不可 APNの設定に一手間
au版 テザリングできる(未確認) ローミングの必要あり APNの設定しやすいなど

くらいの違いです。あとau版は当然auのSIMで使えますので、もともとauのSIMも持ってる私には有利になりそう。

△ロム、赤ロムという条件もあります。前の持ち主がお金を払わなかったっためにロックされている状態です。赤ロムはSBMやauにロックされているだけで、ドコモMVNOで使うなら関係ないという情報もありました。それで数千円値引きされるなら悪くない選択かもしれません。

という情報を踏まえて近所の白ロム取扱店に行き、au版iPhone 4S○を買いました。ホントは色々見て回るつもりが2件目くらいで買ってしまいました。というのも

OSはiOS5の初期のもので、おそらく1回もアップデートされてません。本体に傷もなく新品同様。そんなものがどうして今日まで残っているのかよくわかりませんが、あまり深く考えないことにします。

さてそれをどうやってロック解除するか。その前にグーグルの規約でブログにこの話題はOKなのか調べたら、ロック解除の話題はぎりぎりOKなようだったので、さらっと書きます。

auやソフトバンクのiPhoneをロック解除するには、SIMに専用の基板をくっつけて(それを専用のトレイに乗せて)装着するんだそうです。

検索するときは「iPhone 4S SIMロック解除アダプタ」で調べると、色々出てきます。GPPだとかKingMobileだとかGeveyといった単語が踊ります。

このアダプタには色々種類があって、さらに偽物の存在とかもあって、いろいろ調べているうちに、とても興味深い情報を発見しました。

なんと(長くなったので次回に続きます)

【格安スマホ関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる