格安SIM用の端末を探すならネットよりリアル店舗の方がおすすめ(当社比)

セレンディピティ
何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見する「能力」を指す。平たく言えば、ふとした偶然をきっかけにひらめきを得、幸運をつかみ取る能力のことである。(ウィキペディアより)

iPhoneが欲しくて買う不具合で返品→代わりがなかなか見つからず→やっぱりAndroidにしよう

という話の続きです。

最近は様々な理由と時代の変化により白ロムを手に入れる手段も多様化してきました。買い方が色々あります。

私が好きなのはいろいろなリアル店舗を見て回る方法です。つまり当然ネットで在庫を検索できない店です。

・実際に目で見て買える
・その日のうちに手に入る
・思わぬ発見がある
・ネット店舗よりライバルが少ない

理由は様々あります。もしかしたら全体の平均をとったら高くて状態も悪いものが多いのかもしれませんが、「この1台」が見つかることが経験的に多いです。というか家で画面越しに探すより精神的に気楽だという極めて個人的な理由が大きかったりしますが。

また以前書いたように不具合があった時もリアル店舗の方が対応は早い。ちなみに保証は7日のチェーンもあれば3ヶ月のチェーンもあって様々です。赤ロム永久保証のところも多いですし、ソフマップみたいに期限付きのところもあります。

それにXperiaを探していたら、横にあった他社のケータイがかっこよくて気になって興味をもつなんてこともよくあります。今回だってiPhoneを探していたら、Androidのこともよく勉強になりましたし。

ただ情報はネットが欠かせません。次のリンク先みたいなページで私もよく調べてから行きました。

MVNOの格安SIMが使えて2万円以下の安いおすすめ白ロムスマートフォン | 白ロム大辞典 http://shirorom-dictionary.net/2014/03/mvno-docomo-shirorom/


あとこの頃のAndroid全般の傾向として聞いた話なのですが

・Android 4系が当たり前になったころから全体のレベルが上った

んだそうです。かつてはありました

・発熱しすぎる
・フリーズ多い
・勝手に再起動地獄
・ストレージが100MBもないよ
・バッテリー持たない
・タッチ最悪

いまでも地雷と呼ばれるものがあるとしても、昔に比べれば大したことないということです(あくまで主観的な噂)。

なので、人によって信仰対象は違いましたが

・Xperiaならまず大丈夫
・Galaxyならまず大丈夫
・○社はやめとけ
・国産は総じてダメ
・ルート必須

というのもだんだん変わってきているとのこと。

そういうわけで今回は、メーカーとかカテゴリにこだわらずに探すことにして、見つかったのがこの1台です。

つづく

【格安スマホ関連記事】

コメント