【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

ServersMan SIM LTE が"250"になる衝撃

あのワンコインSIMでおなじみのServersMan SIM LTE というかDTIと呼ぶほうがおなじみですけど、それが250kbpsに増速するという情報が舞い込んできました。

DTIのワンコインSIM「ServersMan SIM LTE」二度目のメジャーバージョンアップ 速度を66%大幅増速(最大250kbps)、iPhoneに完全対応、帯域保証型高品質IP電話の 大幅品質改善

どうやら本当みたいです。

今までは980円前後のSIMに比べて遅いからワンコインというなんとなくのすみわけがありました。が、その均衡が一気に崩れていったイメージです。

現状200kbpsで提供している他社はどう対応していくんでしょうか、今後が非常に楽しみです。このままだと200kbpsのサービスを解約してDTIに乗り換える人がどっと増えそうです。

250というのは説明するまでもなく、理論値です。実測値のほどはまだわかりませんが、もし理論値どおりのスループットなら、250kbpsのLTEというのは必要十分の速度ではないでしょうか。

アプリのダウンロードや動画などのストリーミング以外なら快適という説明は、私たちの感覚とも合致します。理論値どおり出たらの話ですけど……。

【格安スマホ関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる