si SH-01E いまさらレビュー これは普通のandroidケータイだ!

人には添うて見よ馬には乗って見よ
親しく交際してみなければ,その人間の善悪を判断することはできない。先入観だけで判断せず実際にためしてみよ。(kotobankより)


というわけで前回も少し書きましたが、「AQUOS PHONE si SH-01E」というスマホを買ってみました。白ロム購入です。

一言でいうと、スマートフォンというより「Androidのケータイ」というジャンルが似合う感じがします。フェリカやワンセグに対応しているというのもありますし、見た目の質感がケータイ電話全盛期を思い出させます。

見た目といえば私も第一印象は「小さそう」でした。人に見せても、小さいね、と言われます。でもこのsh-01eの画面サイズは4.1インチなのです。iPhone4の3.5より大きいし、iPhone5の4インチより少し大きい。使っていてもiPhoneよりだいぶ広く感じます。

理由は画面に縁が殆ど無くて、端末全体がほぼ画面になっているからです。同じ画面サイズのスマホを持ってますが、明らかにsh-01eの方が小さく見えるので、不思議なものです。

画面サイズとバッテリーの持ちはトレードオフといわれますが、これ以上小さいP-01D(3.2インチ)なんかはさすがに使いにくかったので、sh-01eくらいがちょうどいいのかなと個人的には思います。

気になるのはメジャーアップデートするとタッチがやや敏感なところ。タップがフリックになってしまいます。一昔前のタッチの悪い端末に比べれば大した問題では無いですが、こういうのは長く使っていくと感想が変わるかもしれません(感度の調整で解決している人も多いみたいです)。


あとはほんとに普通過ぎてあまり書くことが無いです。Android4が普通になってから「普通」に使える端末が増えたという説を確認した感じです。もちろん4系の中でも優劣はあるんでしょうが。たとえばWindows 9Xの時代の悪さに比べたら、Vistaも7も8も大差ないよね、というのと同じだと思います。

あとこの端末は世にでてる台数が少ないと思われます。ネット情報は少なめだし、関連グッズも探しにくいでしょう。これは一つの欠点でしょうね。

それと最初xi(LTE)につながらなくて困りました。一応エリア内のはずだし、同じバンド1対応のl-03dはLTEビンビンなのにつながりません。

調べてみるとLTEを切る裏技があるらしくて、それで一旦切ってまた繋げたらLTEにつながりました。参考までに。

Q.LTEって切れないの?

A.LTEを切る方法 ※やるときは必ず自己責任で、何かあっても泣かない
ダイヤル画面で *#*#4636#*#* と入力してテストモードに入る
携帯電話情報→優先ネットワーク設定を「GSM/CDMA auto(PRL)」に設定
元に戻すときは「LTE/GSM/WCDMA」に設定

メジャーアップデートもしましたが、これも普通でスマホのそれというよりケータイアップデートに近い操作でした。

また何か判明したら追記します。

【格安スマホ関連記事】

コメント

人気の投稿