【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

Windows10 プレビュー版 はじめて物語

今まで放置していたブログに記事を追加し始めたらアクセスが思いっきり下がるという、なんとも気乗りしない状況ではありますが、それでも書き続けます。

Windows10のプレビュー版が使えるということで、いまさらですが試してみました。

まずWindows10で検索してマイクロソフトのページにいくと、何か登録してといわれるので(Windows Insider Program に)言われるがままに登録。

するとダウンロードできるようになります。

DLされるのはISOというファイル。これはWindows7や8系ならOS標準の機能でDVDに焼けます。

今回はDELL D530 というPCがあまっていたのでこれに挿入。

DELLのマシンはBIOSの画面でF12キーをおすと起動メニューが出てきます。

光学ドライブからの起動を選んで、「何かキーを押して」と英語でいわれたら、何でもいいのでキーを押します。

ところがD530 でのチャレンジでは、直後にフリーズするの繰り返しです。結局Windows10を試せませんでした。

残念。

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる