みおふぉんから Mineo へ乗り換え物語【1】

みおふぉんことIIJmioの通信速度が低下しているらしいです。私は知らなかったです。複数の報告があるし、IIJの中の人も公に認めているらしいので、数値的に速度が落ちているのは事実なんでしょう。

ただ使っていてあまり実感することなかったです。ゲームは一切やらないし、テキスト系のサイトを見るくらいだし、それ以前に毎月3GBのパケットを自由に使えることにすっかり満足してしまっていて、細かいことに気が向かなかったのかもしれません。

そんなIIJmioの速度低下と一切関係なく、Mineoへの乗換えを検討していました。はっきり言っていまMineoが乗りに乗っているサービスでないのも本当です。iOS8以降に対応しつつあるということで少し活気付いているみたいですが、VOLTEに対応してなかったり、結局DoCoMo系に鞍替えしつつあったり、いまいち勢いのないところだったりします。

それでも現状のMineoに乗り換えたくなった理由は、ひとつはテザリングができるということです。IIJmioをはじめとするサービスでテザリングが禁止されているわけではないのですが、ドコモ端末の場合テザリングできないという問題が付きまといます。一部なんらかの改造をすることで回避できることも知ってますが面倒です。またDoCoMo以外のSIMフリー端末を使う予定もありません。

au系の端末ならこういういやらしい制限がありません。だから何もせずテザリングできるみたいです。

私はいままでメインのスマホとタブレット用と、2枚のSIMを契約していました。使用頻度が高い人はそれでいいのかもしれませんが、私の場合かならず余ります。月に数えるほどしか使わないならテザリングのほうがいいと思ったのです。

ほかの理由としてはau端末は比較的安価に手に入ることもあります。ドコモはMVNOの需要が高まっているから仕方ないですね。同じ時期の同じくらいの性能の白ロムならだいたいauのほうがリーズナブルです。またバッテリーを交換するときも純正品はauのほうが安いの多かったり・・・。キャリアSIMがなくても普通にアップデートできたり・・・。頻繁に白ロムを変えたり私にはこっちのほうがよさそうです。

あとau系のMVNOといえば選択肢が二つありますが、Mineoを選んだのは単に初期費用が安かったからです。

続く

【格安スマホ関連記事】

コメント

人気の投稿