投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

【検証】nanoSIM → microSIMアダプターは作れるか

イメージ
SIMを nanoで契約したのに端末はmicroでした。nanoSIMをmicroSIMにするアダプターが必要です。あいにく地元のお店は定休日。電車賃をかけて遠くの店へいくほどでもない。

アダプターって別に電気的にどうこうといったものではないので自作できないか考えてみました。厚紙とかで。他に1枚は本物を持ってるので、見本はあります。

しかしこれは失敗すると端末そのものがだめになるケースもある話なのでやめておきました。たとえばSIMなしでアダプターのみをスロットに入れると取れなくなるのは有名ですが、似たようなことが起こらなくもないです。

そこでふと思いました。nanoを標準にするアダプターならある、と。

前に買ったのは3つセットになっていて、

nano → micro
nano → 標準
micro → 標準

が入っていました。でもマイネオで使う以上、標準サイズのSIMを使うことは金輪際ありません。

標準SIMをmicroに切ったことならあります。その時はSIMカッターなどを使わないで、ハサミで切りました。全然問題ありませんでした。

今回も同じようにやってみると・・・みごと成功! 見た目は悪いけどちゃんと入ります。

ただnanoSIMは大きさだけじゃなく厚さも違うはずなので、あまりお勧めはしません。

【格安スマホ関連記事】

両親のスマホをマイネオ(Mineo)に乗り換え計画メモ

2014年の10月からうちの両親はIIJmioのスマホを使っていました。それはそれでよかったのですが、私は一足先にマイネオを使っていて、その良さに気づいてしまったので、2人もマイネオにすることにしました。

IIJmioを1年使っていて調停金の発生する期間が終わったということもあります。そのほかの理由は、マイネオの方が料金が柔軟なこと(500MB、1GB、3GBという風に選べる。IIJは最低3GB)、家族割などのサービスが充実してること(IIJにファミリーシェアはあるがいろいろ面倒。マイネオはやさしい)。足りないパケットはシェアできること。などです。

あと最初に手数料はかかるものの、1年後のトータルで見ると安いこともあります。

以下、乗り換えまでの出来事を時系列にまとめますので、参考になさってください。


9月末ごろ マイネオへの乗り換えを説明して同意を得る

10月4日 Amazon.co.jpにてエントリーコードを購入

10月8日 エントリーコードが届く

10月8日 IIJmioのMNP予約番号を申し込み

10月9日 23時、MNP予約番号発行

10月10日 朝8時、マイネオ申し込み

10月10日 夜8時、1つ審査完了

10月11日 もう1つの審査を待つ

10月11日 14時ごろ 2つ目の審査完了

10月13日 郵送で1枚目のsimが届く

10月14日 2枚目のSIMが届いて、MNP完了

実はこの話には続きがあります、それは・・・

10月17日 自分用のマイネオを申し込む

10月18日 手続き完了

こんどの番号は当たりでありますように!(いや番号はもう判明してるんですが、こんどはフィリピン人からいっぱい電話かかってきませんように)

10月21日 自分用SIMの封筒が届く


【格安スマホ関連記事】

リアル書店がこの先生きのこるには

前に本屋さんに聞いたのですが本を透明なシートでラッピングする作業は重労働で大変みたいです。きっと楽しくてやってるんだろうなと思ってました。でも違いました。

本を買う側から見れば邪魔な存在なのに、売る側も大変。売り手も買い手も誰も一切得しない作業を何でやっているかという疑問だけが残りました。書店が減って大変というこの時代に…。

リアル本屋が生き残りをかけて必死という話はよく聞きます。でも具体案をみると…並べ方を工夫するとか粋なポップをつけるとか。

あほか! そんなことでAmazonに敵うわけないだろ! と思ってしまいます。なかには新鮮な野菜を書店で売るところもあるとか。もはや本屋さんじゃないですね。実際うまくいってないようで町の本屋は減る一方です。毎年300店舗も!

なんでAmazonと(最低でも)同じ在庫を用意する書店がないのでしょう。同じものが地元でその日のうちに買えるなら誰だって地元のリアル書店で買うのに。

グラフを見ると書店数は減る一方でも一店舗あたりの坪数は増え続けています。これは自然の力なのか意識して増やしてるのかわかりませんが、まだまだぜんぜん足りません。

各店舗少なめに見ても150万冊はほしいです。売り場に置くのが難しいならセンターからバイク便で取り寄せてもいいです。ようするにAmazonより簡単で早ければいい。

でなければ町の本屋なんて全部つぶれてなくなったほうが、変な罪悪感なしでAmazonに注文できていいと思います。

Amazonプライムに入ろうかやめようか考え中という話

Amazonプライムはすごいぞ、的な紹介記事がツイッターで回ってきました。

プライムといえばアマゾンのお急ぎ便が無料になる年会費¥3,900のサービスです。

以前はそれほど必要なものだとは思わなかったのですが、特典の中で気になったのは、

毎月1冊電子書籍をもらえるということ。

選ばれた2万点の中から、というので読みたい本が必ずあるとは思えません。

しかし私にはたまに「そんなに読みたくない」本を読んでみる癖があります。

それで世界が広がればラッキーというものです。

年会費3900円といっても12か月で割ると325円になります。

振り返ると確実に月325円以上は本を買ってます。

だから毎月本をもらえば、もう元をとれるんじゃないかと思ってしまうわけです。

ってそんな勘定であってるかわかりませんが。

というか普段リアル店舗で買っているものを Amazon で買うようにすれば、そのほうが大体安いのであっという間に元が取れると思いますけどね。

あとKindleの端末の割引もあるので今使ってるkoboをやめて

Kindleに乗り換えるにはいい機会かなあと思ったり、思わなかったり。

【参考】早期退職するなら固定費を下げないとダメ。しかしAmazonプライムの攻撃には負けた http://www.iwannabefree.info/amazon_prime