2016年1月25日

パソコンのバックアップとってますか? しないと大変なことに…

もしうちの大きいハードディスクが壊れたら行き詰る自信があるんですが、皆さんは大丈夫ですか。バックアップ取ってますか? 私はさぼってました。今日明日は大丈夫でも、いつかその日が来るかもしれません。

消えたらいやだなあと思うデータ量はざっくりいうと200GBもなくて、できれば取っておきたいデータを含めても700GBもないので、持っているHDDやら光学メディアを駆使すればなんとかならない量ではないです。保存用HDDにはたぶん重複しているバックアップがたくさんあって、それらを残してもまあ行けそうです。

ただしここで2つの問題があります。

USB2.0とDVDはもう使いたくない

ということです。昔はUSB2.0の速度でも扱うデータ量がそれほど多くなかったので何とかなったのですが、5GBを超えるあたりからだんだん嫌になってきます。またDVDにデータを保存するとものすごい枚数になって扱いが厄介になります。時間もかかります。

だからもしHDDを選ぶとすればUSB3系で新たにそろえるか、内蔵にするかの選択になりそうです。内蔵だと移動しづらいので外付けがいいなーとは思うんですが。

今時のバックアップ事情とは

じゃあいまおすすめのナウなバックアップ方法はなんだろうと調べてみました。

「ハードディスク ブルーレイ 単価」で検索するとやや古いページが表示されるので、オプションで1年以内のブログ記事も検索してみます。

(2015年)rcp193の「道路について」のブログ(道路以外もあります): HDD、SSD、ブルーレイ、USBメモリ、SDカードなど  パソコン用ストレージの容量別単価比較 (随時更新対象) http://rcp193.blogspot.jp/2015/08/hddssdusbsd.html

(2012年)tsファイルを保存しておくのに、HDD・BDどちらの方がお得なのか? - あれこれほしい http://untan419.blog76.fc2.com/blog-entry-51.html

するとHDDって全然値下がりしてないんですね。今までは円安になろうと災害があろうと、技術革新のおかげで価格が下がらないということはなかった気がするんですが、多少安くなった程度です。

そしてハードディスクとブルーレイの単価ってあまり変わらないこともわかりました。

ならハードディスクとブルーレイのどちらが好きかで決まりそうです。個人的には普段の運用がハードディスクなので保険のバックアップは光ディスクのほうがいいなあと思うのですが、手間のことを考えるとハードディスクのほうがよさそうだったり、なかなか迷います。

ごくふつーのブルーレイドライブの書き込み速度は12倍で、単純計算すると54MB/sで悪くない数字です。

早めに結論を出したいなと思います。

0 件のコメント:

このブログの人気記事