2016年2月19日

【格安タブレット】Huawei dtab d-01G docomo 感想


2015年後半、古いAndroidタブレットを4000円で売りました。電子書籍リーダーkoboを2千円で売りました。タブレット端末無し電子書籍リーダーなしの生活を数か月続けました。

もちろん買い替えを視野に入れての行動でしたが、なければないで困らないものだ、と思いました。スマホかノートPCがあれば必要十分に感じました。

■Huawei dtab d-01G docomo がすごい

若干欲求の閾値が下がっていたものの、それでも手を出してしまったのがd-01gというタブレットです。

スペックや概要については調べればたくさん出てくるので他サイトに譲ります。

ドコモの格安タブレット、dtab d-01gのスペックと格安SIMとテザリングの設定
http://kakuyasu-sim.jp/dtab-d-01g




もともと最新機種の割には白ロムが安価だなとは思ってました。名前から想像してWi-Fi機種かなと思っていたら、d-01gはれっきとしたLTE対応機です。

その後さらにセール対象になり、お正月価格で10800円(税込み)で購入。しかも未使用品です。安いからと言ってスペックが低いとか欠点があるわけでもないです。

■供給がすごい?

地元の白ロム屋の在庫といえば1~2台のときが多いですが、このとき d-01g は大量にあるようでした。お正月ごろ何回かまとめて追加された形跡があります。白ロムショップではたまにこういう現象が起きます。

私はそっちの世界に詳しくないのであくまで想像ですが、きっと何かの理由で在庫がだぶついて、処理のために多額のキャッシュバックを付けられて、未使用品が中古業界に流れてる、という具合だと推測します。

とにかく一時的に現行機種が大量に安価に売られることがたまにあります。

■どんなタブレットか

何とも特筆すべきところがないタブレットです。いまどきはみなこんな感じなんでしょうか。

・OSはごく普通のAndroid4.4
・カメラやスピーカーや端子が普通についてる
・画面が普通に映る
・SIMなしで普通に使える

比較できるものがLGの4.4タブレットしかないのであれですが、普通でした。

■気になるところ

いまのところちょっと気になるのは、デフォルトのChromeのある場所のタッチパネルの反応がいまいちなこと。タップのつもりがフリックになることがあります。

標準時スリープ中の Wi-Fi は持続する設定になってるものの、Wi-Fi運用だと通知が遅く来ることがほとんどです(LTE機種なのでSIM入れればいいです)。

カメラは良くないらしい。

発売から時間がたってるのにウィキペディアに載せてもらえないらしい。

たぶん大小問わずアップデートはないらしい。Android4.4で困ることはないですが、5~6は期待薄です。

■最後に

実は購入時より今のほうが白ロムの価格帯はやや上がっています。白ロム界ではよくあることで、供給過剰でセール対象になっていた機種は、供給が収まると値上がりします。

一般的に時間がたてば値下がりするとはいえ、全体的に状態も悪くなっていきます。新古品・美品はむしろ高価になることもあります。

とはいえLTE対応機種でこのスペックでこの価格というd-01gは他にない存在感をまだ維持しています。


0 件のコメント:

このブログの人気記事