2016年3月6日

家電批評にSIMはついてこない&今時のプリペイドとは

家電批評2016年04月号が発売されました。これSIM付属ではなく、スターターコードが付いてくるそうです。登録して後日郵送みたいです。

(ただし電子書籍版はコードすらついてこないようです。紙の本を探しましょう)

個人的にはIIJmioのSIMを試すことに意味はないので今回は見送ろうと思いました。

このコードで音声契約もできるみたいですが680円の雑誌を買うより、324円のパックをAmazon.co.jpで買うほうが安いのは、前に書いた通りです。



500MBのプリペイドSIMとしてはお得ですし、なくなったら追加でチャージもできます。ただ電話関係でプリペイドがポストペイド(後払い)より割高なのは、昔も今も変わらないようです。有名なところだけでもIIJ、OCN、mineoなどのプリペイドSIMがありますが、ポストペイドより割高なのは一緒です。

どうしてもクレジットカードを使わない契約が必要なら、いまはデビットカードで使えるところを探したほうがいいようです。

前に書いた時より格安SIMの種類は数えきれないくらい増えてますし、デビットカードも進化して、MVNO回線にクレジットカードが必須ではなくなってきているようです!

0 件のコメント:

このブログの人気記事