【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

【生楽器練習】 住宅街の夜の騒音を測ってみた【何時まで】

生楽器の練習で問題になるのは、夜何時まで練習していいか、ということです。決まった答えはありません。

練習時間が決まっていると周囲の心象も悪くないらしいので、私も終わる時間だけはなるべく同じになるようにしています。

生活スタイルは人それぞれですが「夜10時になると住宅街は静かになる」という説明を聞いたことがあります。

きっとそういうものなんだと思ってましたが、よく考えたら騒音レベルはスマホのアプリがあれば測定できるものです。

実際に測ってみて、ある時点で急に静かになるタイミングがあったら、夜の練習時間の目安にはなりそうです。

今日は平日ではないのですが、せっかくなので第1回目として、時間ごとの騒音具合を調べてみることにしました。色んな曜日の変化を調べてみるのもよさそうです。

が、騒音レベルのログを取れるアプリの選定と購入に手間がかかったので、同条件で録音しっぱなしにして、あとからレベルを確認することにしました。

夜8時半ごろ、スマホを外において録音開始、0時くらいまで置いておきます。


不規則な音は減っているが常にあるノイズは変わらないような

というわけで23時半まで録音してみた波形がこちらになります(強調してあります)。

たしかに20時台は大きな音(主に車の通過)が多くて、21時過ぎると飛び出る線が減っているようには見えます。

でも常にある雑音はあまり変化がないように見えます。録音なので耳で聞いても変わらないです。

というか閑静な住宅街のGWなのでずっと静かなだけなのかも・・・。

またチャレンジします。

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる