【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

なんでAndroidには「ブラウザ」と 「Chrome」があるの?~賢いブラウザの選び方

クローム


私が Google Chromeを使い始めたのはわりと早かったと記憶してます。日記を見たら2008年10月ごろでした。2008年9月に一般公開されて12月にバージョン1になったので、そこそこ初期だと思います。

よく言えば最初から完成度が高かったといえるし、逆に言えばバージョン50になってもユーザーとしては変化を意識しなくていいということでしょうか。

実はもともとChromeに期待してたわけじゃありませんでした。当時1番大手だったIEとそれを追う Firefox の違いに納得いかなくて、「もうブラウザなんてなんでもいい。とことん変なの使ってやろう」という半ば投げやりな気持ちで使い始めました。

今ではChromeがシェア1位です。順番はどうあれIE(やEdge)とChromeのユーザー数が同じくらいのまま競争し続けるのはユーザーにはいいことだと思います。1社の独占状態が続くと標準化がおろそかになるので。

ビスタ


WindowsではVistaのサポートが終わる前にGoogle Chromeのサポートは終わりました。4月以来アップデートしてないのでバージョン49のままです。

1か月半くらいたったのでそろそろ乗り換えようと思います。でも実質 Firefox しか選択肢がないみたいです。Opera とかもVistaサポート終わってます。

スマホのブラウザ


Androidにはなぜか最初から「ブラウザ」と「Chrome」という2つのブラウザが入ってることがあります(Android 4.3 より古いのに多いです。歴史的経緯からそうなってるようです)。

ユーザーから見ればほぼ何の違いもないので気にしなかったんですが、Chromeの方が頻繁に更新されてセキュリティー的にも良いみたいなので、今後はChromeのほうを使おうと思います。最新OSでは統一されてるようです。

タブレット


気づいてしまったんですけど、もしかしてタブレットっていらないかも?

メインスマホと並列して使いたかったらサブスマホがあればいいし、大画面が必要ならノートPCがあるし、あまり出番がありません。

デメリットを一言でいうと、めんどうです。二言でいうと充電が面倒。スマホの数倍長持ちするのが仇になってる気がします。

画面大きめのスマホがあれば十分のような気がしてます。

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる