【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

私がCORESERVER からロリポップに引っ越したわけ

特に問題ないCORESERVERを続けようか迷ったのですが、せっかくの「お試し期間」があるのでロリポップに移転してみました。

契約して必要なファイルをアップロードして設定したところ、まったく問題なくて拍子抜けでした。

利用にも問題ないです。ロリポップの方が使える機能は少なくなったはずですが、柔軟でフレンドリーな気がします。

-----------

CORESERVERの期限の日、放置しておけば消えるはずですが、「閉鎖」ボタンを押してみました。1~2時間で消えると表示されたのに、半日くらい接続できてました。緊急で消したい場合などは先に手動でファイルやDBを消したほうがいいと思います。

安いレンタルサーバーは共有サーバーです。1つの区画に大量の利用者がいるので、同居人が無茶をすると迷惑をこうむります。あらゆる対策は取ってるんでしょうけど、サーバーごと重くなったりする話はまだよく聞きます。

私がいたところは平和でした。共有という部分を意識することが全くなかったです。簡単に言うと「当たりサーバー」でした。

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる