CrystalDiskMark でうちのHDDの速度をみたら問題発覚!?

パソコン・自作PC関連のページではよく見かけるCrystalDiskMarkというソフトがあります。名前は知らなくても画面を見たら知ってる人もいるかもしれません。


特に必要を感じなかったので、いままで使わずにいました。HDDの選定の前に現状を知るために入れてみました。

関連ページを見て勉強になったこともあります。HDD・SSDのよくあるミスとしては

・IDEモードで使ってた
(AHCIモードにすると1割くらい速くなるみたいです)

・SATA3のディスクをSATA2につないでいた
(規格上の速度で頭打ちになります、マザーボードに書いてあるのですが知らなかったり見落としたりすること多いです)

SSDの場合は多少間違った使い方でも十分速いので気にならなかったりするのですが、ベンチマークするとその差がわかります。

私もCrystalDiskMarkの結果を目で見て、これどうなのかなと思ったところがあります。

1つのHDDを2つの領域に分けて使っていると、(円盤なので)速いところと遅いところが出てきます。普通はD→E→F→Gと、後ろになるほど遅くなっていくようです。

うちの場合、遅いほうの使用頻度が高くて、速いほうを保管庫にしてました。前のPCから移してきたやつなので、理由はあったのですが、可能なら是正したほうがいいですね。

次の2つの画像は同じHDDの前半と後半です。アプリとかも入れてるほうが遅かった…。


同じハードディスクでも速度に違いがある

おいしいところを保管庫にしてた!

コメント