【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

自撮り棒なんて買うことは永遠にないと思ってたけど、この使い方ならほしいと思った話

まあ自撮り棒なんて買うことはないと思ってました。量販店・PCショップにあるけど誰が買うんだろうかと思ってました。でも自撮りじゃない「別の」使い方をするには便利でちょうどいいものじゃないかと思って購入に至りました。


ダイソーで自撮り棒が300円なのは前々から見てました。よく見るとスマホを固定するやつをとればそこには普通の三脚と同じネジがついてます。カメラの三脚のネジはほぼ共通規格で世界標準といっていいものです。

自撮り棒が一脚になる!


カメラの一脚を使いたいと思うことが最近あります。三脚を広げられないときで、少しでも安定した映像や写真にしたいとき。カメラと地面など動かないところが接しているだけで仕上がりはだいぶ変わってきます。

一脚は安物なら2千円くらいからありますが、三脚を閉じて使えば代用になるので、本格的な撮影がないなら買うほどでもないと思ってました。ただし必然的に三脚は比較的大きくて重いので、バッグに入れると重たくて邪魔でした。



ダイソーの自撮り棒の上をとれば300円+消費税の一脚の出来上がりです。買ってすぐパッケージを捨てたので何センチかわからないけれど、立ち膝でカメラを構えたり、ベンチなどちょっとした台に載せるならちょうどいい長さです。しかも重さはスマホ1台くらいのもので、縮めたときの長さは20センチくらいで、持ち運びに困りません。

試しに動画撮影に使ってみたら、腕が疲れないし自分の視線より少し高いところから撮影したりでもできて、いい感じになりました。ないよりあった方が絶対いいです。

ちなみにダイソー自撮り棒の上の部分は100円+消費税のスマホホルダーと同じです(比べると細部は少し違いますが)。

これはスマホを三脚で固定するという、それなしでは不可能なことが可能になる便利グッズですし、100円ショップ以外だと1000円以上するものなので、ぜひ持っておきたい商品です。

【グッズ系の関連記事】

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる