【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

Macの互換ACアダプターのデメリット

それは確かにデメリットだろう、という記述を見つけました。

互換品で大丈夫?MacBook Airの電源アダプタMagSafe 2が高すぎた
http://kazpod.com/301/



ACアダプターのないMacBook Airを買いました。元記事。当然ACアダプターを買うことになります。

純正品を買うと1万円くらいもする。ただのACアダプターとしてはかなり割高に感じます。それくらいで高すぎると言っていたら今後Mac使えないよ、という声も聞こえてきそうです。

でもこの世界にも3000円程度の互換品が複数売られているところをみると、やはり割高に感じている人は多いのかもしれません。こういう時は私はAmazonで買います。

リンク先のページで互換品のデメリットがまとめられています。

・純正品より大きい
・ケーブルが太くて取り回しが悪い
・コネクタが取れるようになっていてスマートじゃない

など。

あとは互換品は壊れやすかったり本体のアップデートで急に使えなくなったりするケースがあります。

一番気になったデメリットは…
アップルマークはない

これは困る人いそうですね。

個人的にはマークはなくてもいいし、多少取り回しが悪くても安価なほうがうれしいので互換品を注文しました。

つづき

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる