【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

Mac OS 10.12 Sierraにアップグレード(MacBook Air Mid 2013)

古いOSのあまりの使えなさに驚きました。購入したときはMountain Lion だった中古 MacBook Airなのですが、そのままだと対応していないアプリが多すぎたのですぐアップグレードすることにしました。やはりそこはMacの文化なんだろうと思いました。

バージョン1つずつ徐々に上げていってMac OSの変遷を楽しむ、などということは普通はできないようなので素直にmacOS 10.12 Sierra へ。



デスクトップの左上のアップルマークから簡単に実行できるのですが、IDとパスワードだけでなくiPhoneの画面に表示されるコードが必要です。もしiPhoneを家に忘れたり会社に忘れたりしたらどうなるんでしょう。

またパスワード欄にパスワード+コードを並べて入力するという方法になじみがないので少し戸惑いました。

1時間くらいかかったようですがその間ほかのことをしていたのであっという間に最新OSになりました。これができて普通なのですが、やはり成功するとうれしいものです。

超がつく初心者なのでSierraになった違いはまだほとんど認識できません。Safariは少し賢くなったかも。

つづく




コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる