【NEWS】 RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法

//-----ここから引用
RT数は8万5000以上! iPhoneの音量をアップするとても簡単な方法
http://news.livedoor.com/article/detail/13547759/

//-----ここまで引用

これ知らなかったです。いいけど原理としてはエフェクターのコンプレッサーをかけるようなものに近い。

加工した音が「いい音になった」と思ってしまった人は残念な人でしょう。

世の中に出回っている音楽はすでに音圧を目一杯上げているので、これ以上上げても(ましてiPhoneで常用できる精度で上げても)音はひずんでいくばかりです。

ただしそれは配信されている音楽などの話。

たとえば生のトークを録音したファイルだとか、生演奏の録音の動画など、未加工のオーディオをこの設定で聞くことは効果あるかもしれません。

あと本当に音量が足りないときも役に立つでしょう。

だけどこれで音がよくなったと思った人は残念な人です。

【小話】Macってこんなにもシビアなの?

過去の資産を生かすWindowsに対してMacは古いものをすぐ切り捨てる文化があるとは聞いていました。まだMacを触り始めて数時間なのにびっくりしたこと。

前回の記事
Windows95のゲームがWindows10で動いた、のような話が話題になることがあります。そこまで極端でなくてもWindowsというのは互換性を大切にするOSです。そんな文化に長年浸りすぎていたようです。

MacBook Airを買ってとりあえずOSは10.8のままアップグレードせずに、とりあえずアプリを入れてみようと思って、Twitterアプリを入れようとしたらOS X 10.10以上でないとインストールできませんといわれてしまいました。

Twitterといえばフィーチャーフォンでも利用できますし、AndroidだったらOS2.1でもアプリをインストールできるくらい懐の深いサービスのイメージだったのですが、Mac版はこんなにもシビアだったのですね。

それで気になってiOS版を確認したら2年前のiOS 9.0以上でした。こちらもそこそこ厳しいです。

もちろん古いMacでも使えるTwitterクライアントは複数ありますが、選択肢の広さでいうと古いOSはかなり限定されるものみたいです。

つづく

コメント

このブログの人気の投稿

Android OSのサポート期限・使用期限はいつまでなのか

フリーのボーカル編集ソフトVocalShifterの使い方~ピッチ補正

DVDを高画質化してみる