投稿

iPhone 6sからiPhone SEへ乗り換えた感想?

私はしばらく iPhone ではなく Android をメインのスマホとして使っていました。一応 iPhone で持っているのは  iPhone 6s だけという状態でした。 iPhone 6s といえばいまから5年も前に発売されたスマホ。いまとなってはたいした性能ではないのですが、 iPhone と Android はOSの構造が違うらしく、最新の廉価版 Android  スマホに比べれば iPhone 6s の方が素早く快適に動きます。 あれから7、8、X、XS、11とiPhone の SoC は進化してきました。だから iPhone SE との性能の違いは結構あります。 そんな6sとSE(第2世代)の体感速度を比べるとどうなるのか気になっていました。 結論を言えば、思ったほど大きな差がないというのが正直なところです。特に普段使っているアプリに関しては体感的に大きな差がないだけでなく、 iPhone の方が時々引っかかるのが気になります。 これは iPhone SE のが性能が低いというわけではなく、これだけ性能が違うのに引っかかるんだという心理的なバイアスによるものだと思います。 もちろん iPhone SE の方がアプリのインストールは早かったり、ゲームをすれば圧倒的に快適だったりというメリットはあると思います。 かつて Android に比べて性能が抑え気になっていた歴代 iPhone の中では7で大きく性能がアップしたという経緯があります。 そう考えると6sでこれだけ遜色なく使えるということは、7や8を使っている人は iPhone SE に乗り換えるメリットはほとんどないということになります。レスポンスの面では。 少なくとも Snapdragon 400番台の Android スマホよりはよっぽど快適です iPhone。速度の面では。

iPhone12も発売されたけど…iPhone SE買いました

昨日のことになりますが私は iPhone SE を購入しました。発売されたら欲しいと言っていたのに延ばし延ばしになっていて、買う買う詐欺状態だったのですがついに買いました。 ここまでの道のりは結構長かったです。 パンデミックが起きてマスクをつける生活になって、 iPhone Xを使うのが辛くなってきたのが今年の2月くらいのこと。 IPhone Xを売りに出したら4万円になったのが7月のこと。  そして11月に iPhone SE を買いました。価格的に iPhone SE 64GBは4万円なので、実質ゼロ円だったと思うことにします。 本当に色んなポイントがたくさんありました。だけど今ちょっと詳細なブログを書く気になれなくて、本当に必要最低限のことだけ記すことにします。 つづく 

楽天モバイル 160万回線だそうです 人気ないですね

イメージ
  こんにちは。 そこそこビックリするニュースが突然舞い込んできました。楽天モバイルのいわゆる MNO の申し込み数が160万を突破したという話です。 楽天モバイルの申込数が160万を突破 三木谷氏は“携帯料金値下げ”の動きを歓迎 - ITmedia Mobile https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2011/12/news156.html  楽天モバイルの累計契約申込数が、2020年11月時点で160万を突破した。11月12日に開催した決算説明会で明らかになった。楽天モバイルが現在提供している「Rakuten UN-LIMIT V」では300万人は1年間無料とし、2020年内に300万契約の獲得を目標にしていた。楽天の三木谷浩史会長兼社長は「顧客獲得は、ほぼ順調に来ている」と話すが、年内の300万突破は難しそうだ。 100万回線申し込み今年の6月のこと、4月にキャンペーンが始まってからあっという間の出来事でした。 それから半年近くも経ってやっと160万とは、全然人気ないじゃないかというのが正直な感想です。 私が申し込んだのは7月のこと。当初の予想では10月ぐらいに300万回線になるだろうからその折り返し地点として7月に契約するのはちょうどいいのじゃないかという目論見がありました。 それも全然でした。 なぜ申し込みが鈍化したんでしょうか。 確かに今現在使ってない人でネットの評判だけ見てると、申し込んだのに届かなくてメインのスマホが使えなくなりサポートにも繋がらず、契約できていても突然パートナー回線が終了して自宅で圏外になったり、色々悪い噂はあります。 地方都市で使っているユーザーとしては、普通に使えるんだけどなあというのが素直な感想なのですが…。 数年後、楽天モバイルが軌道に乗って利益も出て成功したとなれば、これもいい思い出の一つになるんでしょうけど、ユーザーが集まらずに頓挫することだけは避けて欲しいです。 というわけで、キャンペーン終了ギリギリを狙って契約して少しでも美味しい思いをしてやろうと思っている皆さん。まだまだ余裕があります。

新しいMacのApple M1チップは非力で最悪かもしれない

発表会あった日の朝起きてから、Macの発表会があったことを思い出しました。ニュースサイトや Apple 公式ページを流し読みした感じだと、わりと良さそうな印象を受けました。というかインテルCPUをやめて独自の SOC を作ったことで、性能が何倍も上がるなんてApple素晴らしいと思いました。  しかし YouTube のめぐみチャンネルの動画「 新型Mac M1チップ アップルシリコン 最悪です 」を見てそれほどすごいものじゃないかもしれないという気持ちになりました。 とても長い動画ですが おすすめ です。 ポイントがたくさんありすべては紹介できないので、特に印象に残った部分だけここで触れてみたいと思います。 まず今回の Apple の発表では3.5倍高速、1/10の消費電力、 5倍速いグラフィック、という数字が出てきますが何に対しての倍率なのかが分からないようになっています。 私は今発売されている MacBook に対する数字だと勝手に思っていたのですが、改めて公式サイトを読んでみるとそういうわけでもないみたいです。  公式サイトでは「テスト実施時に市販されていたノートブックおよびデスクトップコンピュータ向けの高性能のCPUと比較しました。」などと書いてありますが、確かに具体的ではないところがあります。 引用元の動画のによると、こういうところが Intel Mac になる前の Apple の発表会に似ていて、まともに比較すればどう考えても勝ち目がないプロセッサーを、「驚異的な~」のようなものの言い方でごまかしているように感じで気持ち悪いとのことです。 実際 M1チップは7世代前の Core i3ぐらいの性能しかないと海外メディアでは言われているそうです。実際にリリースされて確かめるまではわからないのですが…。 しかしやっぱりパソコンはパワーがものをいいます。パソコンのパワー=電力みたいなところがあります。 miniとproは別としてAirはファンレスのノートです。駆動時間も長いとなれば TDP は低い事は確実です。 TDP が低いということはつまりパワーがないということです。いくら微細化していても、同じ時代のプロセッサーで TDP は低いのに性能が3倍も5倍もあるとは考えにくいです。 もし M1チップの Macbook が発売されて本当に3倍5倍の性能があれば別で

楽天モバイル開始から1年間を分析する

 サービス開始1年が経過した楽天モバイルを分析する--ビジネス編 - ZDNet Japan https://japan.zdnet.com/article/35161158/ 楽天モバイルがMNO(移動体通信事業者)として、2019年10月1日に先行サービス「無料サポータプログラム」を開始して1年が経ち、2020年9月30日には5G(第5世代移動体通信システム)サービスの提供を始めた。 楽天モバイルのといえば、私のような地方民には2020年春からの印象が強いですが、2019年の10月には始まっていました。 プログラムに 参加できなくて悔しい 、みたいな文章を書いていた記憶もあります。 そんな楽天モバイルの1年間を振り返るのに適した文章を見つけたので共有します。書いたのは山本雅史さんという方で、リンクしたのはビジネス編であり、全部で3回分あるそうです。 この1年の動向を見守っていた人にも、最近楽天モバイルを知って以前のことがよくわからなかった人にもわかりやすい記事だと思います。

11月4日 楽天モバイルの iPhone 完全対応はあり得るのだろうか

イメージ
楽天モバイルの発表会が11月4日の午前11時に行われるのは前回のブログでも書きました。 発表内容はまだ分からなく推測するしかありませんが、"基本料無料の期間が今までの1年からさらに延長するかもしれない"という噂は妙に現実味がある、ということを書きました。 もう一つ面白い噂があったので紹介します。 というのもこの日11月4日はアップルの iPhone のiOS 14.2が発表される日でもあるのです。 それに合わせて楽天モバイルがついに iPhone に対応するのではないかという噂です。 よく知られているように楽天モバイルでは iPhone を使おうとすると、パートナー回線での SMS が受信できないという問題があったりしました。 本当に正式対応されるなら多くのユーザーによって嬉しくないわけがない話です。 個人的な予想ではこの噂が当たる可能性はかなり低いような気がします。  というのもこの日の発表では、Rakuten Handという前回発表された端末の販売開始を宣言するだけだろうというのが大多数の見方だからです。 しかしながらそうじゃない可能性もあることはあります。 色々な可能性を、時には夢みたいな話に思いを巡らすのは楽しいものです。

11月4日 楽天モバイルの無料期間延長発表はあり得るのだろうか?

イメージ
楽天モバイル、11月4日にオンライン会見 - Engadget 日本版 https://japanese.engadget.com/rakuten-mobile-031035124.html  楽天モバイルは、11月4日午前11時からオンラインで記者会見を行います。当日は、携帯電話サービスのアップデートに関する内容を発表するとしています。楽天の三木谷浩史会長兼社長や、楽天モバイルの山田善久社長らが登壇する予定です。 楽天モバイルが11月4日に会見を開くというのは公式で発表されニュースにもなっている事実です。  そのオンラインの会見を前にして、 「楽天モバイルの無料期間が1年(半年)延長される」という 根も葉もない噂 が一部で囁かれています。 それを聞いた時「すごいありそう、現実味がある」と思いました。 今年の8月ぐらいに、楽天モバイルは2021年夏までに人口カバー率96%達成を宣言しました。 それから3ヶ月ぐらいたって、来年春以降のエリアの予定が発表されたりしているのに、それを見ても人口カバー率96%を達成できるように到底思えません。 仮に来年の春までこのままのペースでゆっくりして、初夏から晩夏にかけて怒涛の追い上げを見せるというシナリオは、何か根拠があれば別ですが普通は考えられません。  少なくとも一般人の目線で見て、楽天モバイルの計画は何かおかしいと言う違和感があります。 10月22日には大都市周辺においてパートナー回線の終了も始まっています。楽天モバイルの独自電波が整備されるまでの間、保管的に使われていたのがauのパートナー回線です。これがなくなったために都市なのに圏外で通信できないということが頻発しているそうです。 エリアマップ上で楽天モバイルの エリアです と色が塗られているところでも通信できないところはあるというのは、ほとんどの利用者にとって周知の事実でした。 私自身もそういうものなんだろうと思っていたところです。 ところがそのエリアマップをもとに、パートナー回線を終了させられて通信できない人がたくさん出てきてしまっています。たまったものではありませんね。 楽天モバイルの運営だけはあのエリアマップが本物だと信じていたんでしょうか。 これが月2980円のサービスだったら全くあり得ない信じられない事なんですが、 楽天モバイルの場合1年間基本料無料という大きな

筆者のプロフィール

一応ブログ歴10年(?) 高校生の時にDTMがしたくてパソコンとインターネットに出会い異常なほど熱中する。 現在よりネットが未整備だった時代、正直いまだったらアウトなこともしてたかもしれない。 ITとは全然関係ない仕事をしつつもデジタル物好きは変わらず、家計簿によると年間支出のダントツ1位がデジタル関係だったりする。趣味としてパソコン・スマートフォンなどを使って得た何かを共有したくてブログを更新中。