投稿

【実機所有】OPPO A5 2020とP30 liteの比較レビュー

イメージ
世の中には実際に使っていないレビューがいかに多いことか。

特にスマホの比較がしたくて検索したときは、使ってないレビューしかなかったりします。

「Aの機種は1600万画素だけどBは1200万画素なのでAの方が優れています」みたいなレビューはネットから消えてほしいものです。

私はP30 liteを使っていたのですが通信が壊れたのでOPPO A5 2020 に乗り換えました。ここに書いてあることは実際に所有している人間のレビューです。

◆そっくりな見た目

一番いいところは両者が似ていることです。大きさは違いますが見た目は一緒です。よほど詳しい人以外まさかスマホを変えたとは思わないでしょう。ここがよかった。

A5 2020の方がだいぶ大きいですが、個人的には大きいスマホが好きなので気に入ってます。

◆解像度
A5 2020の一番の懸念材料は解像度がFHDじゃなくHD+なことかもしれません。P30 liteは1080*2312だけどA5 2020は720*1600です。やや頼りなく感じます。

ただテキスト中心のサイトを見る限りでは気づかないレベルです。本当に目がいい人は少しぼやけて見えるかもしれません。A5 2020の解像度は227くらいで、実はiPad Proも227くらいです。これで不足がある人はあまりいないんじゃないかと思います。

物足りないケースとしては、画面いっぱいのサイズで画像や動画を表示したとき、A5 2020のHD画質は(視力がいい人だけ)少し臨場感が下がるかもしれません。

あと「テキストを画像化したもの」であるスクリーンショットなどを縮小表示したときに解像度の足りなさから少し見にくくなる気がします。あまりない状況ですけどね。

◆OS シェル
Color OSという独自のOS(Androidをいじったもの)が搭載されているOPPOですが、HUAWEIからの乗り換えなら違和感なく使えると思います。どちらもよく似ています。

独特といわれるColor OSですけど個人的には日本製の富士通とか京セラの方が独特で、OPPOやHUAWEIの方がよっぽど「普通」に感じます。元々何を使っていたかでColorOSの評価は変わりそうなので、ネットの評判はあまり参考にならないかもしれません。

私はHUAWEIから乗り換えなら問題なく違和感なく使えると思います。

ただし私はこういう…

【買いました】OPPO A5 2020はReno Aの廉価版じゃない!!

イメージ
HUAWEI P30 liteがだめになったので別のスマホが必要ということで検討した結果、OPPOのA5 2020というスマホを買うことになりました。

本当は予算的にはReno Aでもよかったのですが、決め手になったのはA5 2020のトリプルスロットです。これはnano SIMが2枚とmicroSDが収まるので、よくあるDSDVするとmicroSDが使えなくなるスマホではありません(あとでDSDVを試したかった)。

AX7とA5 2020はトリプルスロットに対応しているのになぜReno Aは対応していないんだろうなあ、くらいに思っていました。

あとは動画の手振れ補正にA5 2020は対応していることが好印象だったくらいで、あとは普通のいまどきのAndroidだろうということで購入しました。

後から知ったことですが、A5 2020はReno Aの廉価版ではありません。たしかにAX7は2万円、A5 2020は3万円、Reno Aは4万円と定価は序列みたいになっていますが。

実はReno Aはおサイフケータイや防水に対応した日本向け製品であり、一方A5 2020はグローバルモデルという位置づけです(もっといえばAX7の後継がA5 2020)です。

Reno Aは日本向け製品だけに日本向けのアレンジがされているメリットはあるのですが、当然売られる数が少ないので今後のアップデートにも細やかに対応できるか未知数です。また細かい不具合もグローバルモデルよりは多いみたいです。

A5 2020はグローバルモデルなのでSIMフリー版を買ったならアップデートなどで理不尽な思いをすることは少ないと予想できます。

ドコモタブレットd-01jはau SIMだとSMSできない!?

イメージ
HUAWEI P30 liteが赤ロムになった(過去記事参照)のは残念だけど、スマホの運用を見直すにはいいきっかけだなと思いました。そこで改めてスマホの2台持ちについて考えることになりました。

P30 liteはマイネオのAプラン(au回線)のSIMで使っていました。当初はこれを流用する予定でした。

地元のじゃんぱらでdタブレットのd-01jのSIMロック解除品が置いてあったので、もともとタブレットが欲しかったのもあり、ロック解除しているならau SIM で使えるはずなので購入してみました。

家に帰ってSIMを入れてAPNを設定すると当然データ通信はできるようになります。しかしLINEを認証しようと思ってもSMSが受信できません。試しに自分のiPhoneにSMSを送っても送信できず。

調べてみるとSIMロック解除したドコモ端末でau SIMを使う時はAPNタイプにimsとやらを設定する必要があるのだけど、それはスマホの話であってタブレットであるd-01jはそこまで対応していないということらしいです。

docomoのdtab d-01Jを持っているSIMで使う。 | だいぶつ29さんの掲示板 | マイネ王 https://king.mineo.jp/my/2245eef89a6ffacd/reports/57878
d-01Jを持っているけれど、d-01Jは3GのW-CDMAに対応しているので、ドコモsimやソフトバンクsimが入っている状態ではSMSを受信可能です。これは実際にやってみました。
au回線の場合、SMSはSMS over IMSという方式で送受信されます。VoLTE通話もIMSのサービスを利用しているわけですが、d-01Jはあくまでもタブレットで通話用ではないからIMSサービスには対応していない、だからau回線のVoLTE simを差し込んだ状態ではSMSは利用できないということだと思います。
仕方がないのでマイネオのDプラン(ドコモ回線)を契約しなおしました。手数料がかかるだけでなく月額も上がるという残念な結果に。

ついに判定▲三角スマホが×制限中になってしまった

◆原因不明のスマホ圏外
金曜日の朝、地下鉄の中でサブスマホを見ていたら、駅と駅の間でアンテナが圏外になりました。駅間で通信できないのは珍しいことではありません。

機内モードにして戻してみたら復活するだろうと思ったけれどやってみても復活しません。本体を再起動したら復活するだろうと思ったけれどやってみても復活しません。

昨日auで通信障害があったばかり、今日も調子が悪いのかなと思いました。もしくはマイネオの通信障害かなと。

ところが何時間たっても復活しません。家に帰ってSIMピンを使ってSIMの付け外しをしてみました。それでも復活しません。

日付変わって次の日の朝、起きてみたらやっぱりアンテナは圏外のまま。朝日を浴びて徐々に頭がクリアになっていく中で、なんで通信できないのかはっと気づきました。

赤ロムになってる! 判定サイトで生まれて初めて×の記号を見ました。気づくの遅すぎだろと思いました。

◆なんで×になったのか
×になったことはそれほど不思議なことではありませんでした。このP30 Liteは新品同様△のものを中古で買ったのですが、8月8日発売の機種で購入したのは8月25日です。相場3万円以上するところ1万5千円という破格でした。売主は(確かのフリマのアカウントは会社のものなのでというよくわからない理由で)取引の後すぐアカウントを消してしまいました。おそらく最初から不履行する予定だったのかもしれません。

これくらい怪しい条件がそろうと×になっても不思議ではないということでしょうね。私の経験上×になったのは初めてです。たぶん5勝1敗くらいでしょうか。

売主は感じのいいおじさんだったけれど売人みたいな人だった可能性もあると思うと何とも言えない感じです。

◆×になったらどうするの
P30 liteはもう捨てるしかありません。悔しいことに購入からちょうど100日過ぎたあたりでした。もしSIMロック解除の手続きをしていたらドコモやソフトバンクのSIMでは使えたのですが、時すでに遅しでした。

新しいスマホを急遽買うことになってしまいました。この話は長くなるので別の機械に。

結論として、この約100日でスマホが×になったことが失敗だったかというとそうではなかったと思います。この機会がなかったらHUAWEIスマホに手を出すことはなかったので。HUAWEIスマホはやっぱり使いやすい…

判定▲の中古iPhoneは買ってもたぶん大丈夫だろう

イメージ
そういえばiPhoneX 256GBを中古で購入したのは去年の11月10日でした。もう1年たったことになります。安い買い物じゃないし、まして中古品の購入だったからとても迷いましたが、買ってよかったと本当に思います。

買った当時▲だった中古 iPhone。いまネットワーク利用制限の確認をすると、まだ▲です。

分割で買った端末は▲になって支払いが終わると〇になり、支払いできないと×になるわけで、つまり今でも支払いを続けているわけです。

手放して1年も経過しているのに払い続けるってしんどいだろうなあと他人事ながら思ってしまいました。

といってもそのiPhoneは後にアップルストアで交換されたので、だからたとえ×になったとしても関係ありません。

おそらくこのiPhoneもあとちょっとで〇になるでしょう。いままで▲のスマートフォンを何度か買ったことがありますが、すべて〇になりました。×になったことないです。

だからこそ永久赤ロム保障があって×になったら返金される店が多いし、そもそも▲のスマホが堂々と売られているのは世の中の▲が実はほとんど×にならないという事実ベースがあるからだと思います。

【NEWS】 第4キャリアへの道険し?楽天モバイル無料サポーターで味わった天国と地獄

第4キャリアへの道険し?楽天モバイル無料サポーターで味わった天国と地獄
https://www.gizmodo.jp/2019/11/rakuten-mobile-free-supporter-program.html
3大キャリア体制が、いま大きく変わろうとしています! いえ、正確にいうなれば、もう今年10月から変わっているんです。これまではMVNOだった楽天モバイルが、新たにMNO(移動体通信事業者)として、自前の回線を用意し、すでにサービスを開始。ただし、本格的なサービスではなく、選ばれた5000人のユーザーだけと契約してサービスを提供する?無料サポータープログラム?がスタートしましたよ。
//-----ここまで引用-----ここから本文

楽天モバイルのサービスが正式ではないけれど開始されました。一言でいうと使える人うらやましい。

この記事ではメイン回線が1週間も不通になったり、電波がなかったり通話が途切れたり散々なスタートになっていることがわかります。

他の人が書いた記事でも電波があるのはメインの幹線道路だけで1本住宅街に入ると繋がらないとか、圏外じゃなくアンテナピクトは立っているのに電波が弱い場所が多いとか、とてもまともに使える状態ではないことがわかります。

それでもこういうレポートを読んだりしていると、新しいサービスの立ち上げに立ち会えるのはうらやましいなと思ってしまいます。いまは東京都23区、大阪市、名古屋市、神戸市の人しか申し込めないので仕方ないですが、もしもわが町が対象地域だったら申し込みたかったなと思います。

私にとってモバイル回線は重要なものですが、絶対つながらないと仕事に重大な支障が出るというものではないのでそう思うのかもしれません。だからこそ対象であれば乗りたかったです。

マイネオの新プラン「エココース」が微妙すぎる

イメージ
皆さんこんにちは。マイネオのエココースとお試し200MBプランが発表されました。今回はエココースのお話です。

mineo「エココース」の提供開始について │ プレスリリース │ オプテージ https://optage.co.jp/press/2019/press21.html「エココース」概要「エココース」とは、特定時間帯に通信速度を200kbpsに制限することで、月額基本料金を割り引くサービスとなります。お昼休みや朝夕の通勤時間帯にあまりスマートフォンを使わないお客さまや、多少速度が遅くても気にならないお客さまにお申し込みいただくことでmineoをおトクにご利用いただけます。速度制限中もメールやチャットなどのテキストデータのやりとりは問題なくご利用いただけます。
お昼休みと出勤時間や帰宅時間に通信速度が遅くなる代わりに割引されるというコースですが、その割引額は3GBでたったの50円。たったの50円違うだけで通信が遅くなるなら、そのままでいいかなという気がしてしまいます。

また割引があるのは3 GB 以上の場合で、 500 MB と1 GB では選ぶことさえできないという設定。

自分はどうするかという視点で見れば申し込まないの一言で終わるんですが、マイネオのサービス全体で考えた時に混雑時間の解消につながるんでしょうか。

大企業が自信を持って始めようとしているプランだからきっと成功するに違いないと言う気もするんですが、今回に関しては設定が微妙すぎて本当に成功するのかどうか怪しいなというのが個人的感想です。

良い意味で期待を裏切って欲しいです。

できることなら私個人のニーズで言えば月額料金を追加することでサービスの向上を図れるものがあればいいなと思いました。前あったプレミアム回線がうまくいかなかったので難しいのかもしれませんが。