PCに保存してる過去メールをGmailにアップする方法

ローカルに保存しているメールをGmail(Google Apps)にアップできるということで試してみた。
OEやThunderbirdなどのメールデータをGmailへ移行「Google Email Uploader」http://www.forest.impress.co.jp/article/2008/04/07/emailuploader.html
ローカルPCのメールソフトからメールやアドレス帳を"Google Apps"へ転送できる

重複メールを削除できるThunderbird用拡張機能「Remove Duplicate Messages」
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/08/07/rdm.html
http://d.hatena.ne.jp/tullio/20070616/1182004956
重複メールの検索結果から1通ずつ確認しながら削除

ImportExportTools (MboxImport enhanced)
https://nic-nac-project.org/~kaosmos/mboximport-en.html
ざっとこれらのツールを使った。IMAPというものを利用する方法もあるらしいけれどそれは難しそうなので、簡単そうなGoogle Email Uploaderを利用してみる。

手順は

・保存していた過去メールを解凍
・ImportExportToolsでThunderbirdにインポート
・Remove Duplicate Messagesで重複ファイルを削除
・Google Email Uploaderでアップロード

*.eml形式で約322MB。バックアップ書庫からThunderbirdに移すだけなのに細かいファイルのやり取りなので想像以上に時間がかかる。ファイルのアップロードと重複メールの削除に時間をとられるのは仕方ないにしても、サブフォルダのメールをルートフォルダに移動するだけでいちいち何分も待たされることにやる気がそがれたりした。むしろ重複メールの削除は一瞬で終わった。

ローカルの準備が整ったら後はアップロード。メーラーを終了させ、スタートメニューからGoogle email uploaderを起動して、メールアドレスとパスワードを入力。Loadingをややしばらく待って、Thunderbirdのアップロードしたいフォルダを指定。そしてまたしばらく待つと、アップロード開始。

6206メール中125個をアップした状態で、「残り7時間30分」を宣言された。明日の朝には終わってるかなあ。

続く

【追記】6206通のメールは一気にアップできなかった。数十通から数百通アップロードしたところで処理が停止して、もう一度同じ手順を繰り返すと前の続きからアップロードされるようだ。何十回か繰り返せばすべてアップできるだろう。

あとGmailにメールをアップロードすると、次にThunderbirdを起動したときにまたダウンロードされるみたい。

【追記】GoogleEmailUploaderは処理の途中でとまってしまって埒が明かないので、ThunderbirdをIMAPクライアントにしてGmailと同期をしてみた。設定は公式の内容を参考にした。メールを受信フォルダにドラッグアンドドロップするだけでアップロードできるみたいだし、重複ファイルのチェックも行われている。こりゃ便利だ。

1 件のコメント :

Anonymous さんのコメント...