Canon PIXUS iP2600 低価格なのに使えるプリンタ

新しいプリンタCanon PIXUS iP2600を購入した。ケーズデンキにて実売6200円程度。この価格からずいぶんグレードの低い品物に見えるけれど、もともと使っていたプリンタは1995年ごろ発売されたものすごくレガシーな機種だったので、iP26001の接続の簡単さや印刷速度・印刷結果の良さにいちいち驚いた。

ランニングコスト、つまりインク代を警戒していたけれど、対応するインクBC-90は実売2000円弱で内容量は20mlとそんなに悪くない。またカラーインクが切れても白黒専用プリンタとして動作するのでその点も問題ない。

いったいどんな落とし穴があるんだろう?

ランキングに参加しています→にほんブログ村

0 件のコメント :