Wnn はダメダメなのに POBox + Wnn搭載のソニエリ端末は人気がある理由

私はWnn を携帯電話の日本語入力の中で最悪な代物だと思ってる。どんなに素晴らしい機能を持った携帯端末でもWnn が搭載されてたらもう欲しいと思わない。他の全ての環境を比較した訳じゃないのにWnn より使えないものはないと直感的に分かる。

好きな日本語入力はATOK。Wnn の端末を二代使い、そのダメさに見切りをつけた私には、ルポもShoin も眼中になくただAtok搭載という理由で機種を選んだ。

だけどひとつだけ疑問なことがあった。ソニー・エリクソンの端末に使われている POBox + Wnn の評判はすこぶる良いのは何故なんだろうということ。あのWnn に予測変換であるPOBox とやらを付けて多少チューニングしただけでそんなに良くなることがあるのだろうか。

実際に使って見れば答えは簡単だった。ソニー・エリクソンの端末で文字入力の際はまず予測変換POBox がつかわれれ、POBoxの候補に目的の言葉がないときはWnnが使われる。ところがこのPOBox は守備範囲が物凄く広く、入力した仮名の殆どを上手に変換してくれる。

普段はほとんどPOBoxが仕事をしてくれてWnnの出番は極端に少ないから、Wnnの駄目さにもかかわらずPOBox搭載のソニエリ端末は人気があるのかなと思った。これは予測変換なんて呼び名は相応しくなく、ATOK, Shoin, モバイルルポと肩を並べる立派な日本語入力ソフトだと思った。

ちなみにPOBox の開発者はソニーからアップルに移籍してiPhone OS の日本語入力を作ったらしい。そう言われると確かに似ている。

0 件のコメント :