google 日本語入力のここがいい! Tabキーを使いこなしてスピード入力

思いっきりいまさらですが、Google日本語入力をインストールしてみました。なぜ今まで試さなかったのかといえば、定額制のATOKを利用していたので、わざわざ無料のIMEを入れる必要を感じ無かったからです。たまたまPCのメンテナンス中にATOKをアンインストールする機会があり、それならばいっそのこと一旦解約してしまえと思うに至りました。

さて、この文章はGoogle日本語入力で打っています。第一印象は事前の情報から想像できたものとあまりかわらなく、同音異義語や同訓異字の判定・文節の判定は弱い気がします。予測については、もっと私の思考を先回りしてくれるくらいのものを想像していたのですが、意外に普通というか役に立たない気がします。

でもシロナガスクジラとかスリジャヤワルダナプラコッテとかを入力するときは気持ちがいいですね。そんなことこの先どれくらいあるかどうか分かりませんが。

SONYの開発したPOBoxも優秀な予測変換を搭載していますが、でもたとえば「今日はいい天気ですね」と入力したあとで、もう一回同じことを言いたいと思ったら、「また晴天に恵まれたので」のようにさっきとは違う表現をしたくなるのはマイナーな意見なんでしょうか。そういう癖があるせいもあって、機械的な予測をそのまま使うことって余り無いです。

でもこういう新しいコンセプトのツールに触れるときは、今までの自分にあわせてカスタマイズするのではなく、ツールの方に体をあわせて使うようにするのは大切なことだと思います。意識的にサジェストを活用する入力を心がけることで、気楽な文章作成をできるようになるのかもしれません。

0 件のコメント :