使用機材:IK MULTIMEDIA VOCALIVE (iPhone用MTR)

iPhone アプリのMTRです。このアプリ用のマイクはたくさん宣伝されていたので見たことがある人もいるかも知れません。

本当はボーカル用

正確にはボーカルを収録してエフェクトをかけてミックスするアプリなのかもしれませんが、私はただのマルチトラックレコーダーとして使っています。

テープレコーダーのような操作で、部分録音も再生も直感的にできることが気に入っています。

入出力も充実

iPodライブラリからのインポート(ボーカルキャンセルも可能)、ミックスしたファイルをEメールなどで送信できるなど、入出力も充実しています。

没頭できる環境

パソコンとDAWがあればMTRなんかより、何倍も高度な作業ができるはずです。家の外で録音するわけでもないなら、PC1台で十分な気もします。

でもPC上のDAWソフトの環境の安定性はいまいち信頼しきれないきらいもあります。録音しようと思ったら、ドライバのフリーズから、ケーブル・端子・スイッチなど物理的な接触不良まで、様々なトラブルで急に音が出なくなって中断してしまうことがよくあります。

それに比べてiPhoneなら本体にイヤホンが刺さっているだけです。ケーブルが抜けたり絡まったりすることが殆ど無い。ドライバもそんなにへんにならない。

作業の集中率は断然上がります。

実際の使い方についてはこちらのサイトが参考になるかも。
【iPadで曲作り-3】 ボーカルFXアプリ「VocaLive」

【関連記事】程々にDTM: 使用機材:IPOD TOUCH (MTR・バーチャル楽器など) iPod touch でDTMするメリット


【スマホアプリ関連記事】

(DS)あなたの楽々ドラムマシンこれで200円は安い! でもときめかない?

ニンテンドーDSiウェアの「あなたの楽々ドラムマシン」は、ギター・キーボードに続く「あなたの楽々」シリーズ第3弾です(メーカー公式サイト)。
発売日に早速購入。200ポイントで買えるので気軽に試せます。使用ブロックは40弱だったと思います。

凝ったつくりの画面ですが、マニュアルを一読すれば使えるようになります。ちなみにマニュアルはソフトを起動してすぐ表示される画面から開けます。

操作性はなかなか考えられていて、1小節のパターンを組み合わせて、ループ回数とパートごとのミュートを指定できるようで、気軽かつ柔軟に作れそうな気がします。

音に関してはあまり心がときめかないのが正直なところ。でも200円のアプリでそれを言ってしまったら見当違いのような気もします。それでも、もっと音数を減らしてリアルな音を作れないのかとか、いろいろ考えてしまいます。

DSiウェアである(しかも200円な)メリットは大きいと思います。普段、リズムを取りたい時でメトロノームでは出せないパターンだったり、音量が足りなかったりするけれど、パソコンのシーケンサーを使うほどでもない(使えない)ということが結構あります。またピッピッという電子音じゃ物足りない時も。

DSの持ち運びやすさ・丈夫さ・駆動時間の長さを考えると、実用的なリズムマシンになりえると思います。KORG M01やDS-10でもいいですが、それが常にスロットに刺さっているとは限りませんから、DSiウェアとして本体に入れておくと役に立つ場面は多そうです。

保存できる曲数は多いですし、ファイル管理もしやすいのでその点はお勧めです。

↓使いこなす人はこんなのも作れるそうです
http://youtu.be/yGwnK_ia6bw

【スマホアプリ関連記事】

LINEモバイル(ソフトバンク回線)のSIMは2種類あって意外と複雑

LINEモバイルのソフトバンク回線がスタートしており、 私もさっそく契約 している。 SIMは2種類あって ・iPhone用 ・Android用 とある。これだけ覚えておいても実用上は問題ない。しかし具体的にみてみるともう少し複雑みたいだ。 LINEモバイルの...