高い声が出せない弊害

高い声が出ないとどんな影響があるか。はっきり言って細かく思い出したくないほど惨めな思いをしてきました。

学校の音楽の時間は一番嫌な思い出です。カラオケに誘われるのも大嫌いでした。

音楽自体は好きなのに高い声が出ない人間は、周りは歌えて当たり前と思っている人たちばかりなので、結構な辛い思いをします。

カラオケが一般的によくあるイベントである以上、高い声が出ないと色々な面で行動が縛られます。日常生活の制限が多くなります。

そういう意味で高い声が出ないのは「呪い」といってもいいかと思います。

本当に歌が嫌いなのか

私は歌が大嫌いでした。カラオケ屋は全部爆発しろと思っていました。法律で禁止してもいいし、嫌煙権と同じように嫌歌権も作りたいと思っていました。とくに、嫌がる人間に無理やり歌を強要する風習はやめて欲しかったです。

でも一方で音楽を聞くことは好きでした。楽器も好きです。

もしかしたら、いま1年以上かけて高い声に取り組んでいるのは、本当は歌が好きだからなのかもしれないというきがしています。嫌いだったら何時間も裏声を出したりできません。

本来は音楽好きで歌好きなのに、高い声が出ないせいで抑圧されていて可能性はあります。

■高い声の出し方に戻る

0 件のコメント :