使用機材:CAKEWALK MUSIC CREATOR 5 (DAW)

音楽やりたいけどお金があまりない、という人は多いのかもしれません。時代とともにフリー環境も充実してき、同時にビギナー向けの製品もどんどん高性能になって来ました。

Music Creator 5 という名前はあまり馴染みがないかもしれませんが、あのSONARシリーズの最下位にあたる製品といっていいです。元々はソナーを元にした別ソフトという感じだったのが、バージョンを上げるごとにSONARに近づいていっています。

そのため操作性がソナーそっくりで、わからないことがあればネットにあふれるソナーシリーズの解説をみることでだいたい解決できるメリットがあります。またソナーで使える音源・エフェクト類がそのまま動くことも多いです。あと詳しい解説書がソフトに付属しているので、0からの初心者でも安心です。

フリーのソフトでいいものはありますが、マニュアル・解説が充実していて、ネット上にもTipsから豆知識のような情報まで充実している面ではこういうソフトに軍配が上がります。またDTMの解説書籍のようなものもSONARシリーズを基準に説明していることがよくあります。

DTMをやっていると「もっとはやくこのことを知っていればよかった」と思うことの連続です。フリーソフトを試行錯誤しながら使うよりは、最初からこういう製品を使うのが上達への近道だと思います。

上位のソナーに比べると、トラック数・VSTi数・エフェクト数に制限があるのがビギナー向けの所以ですが、バンドものだったりゲーム音楽だったり対応できるジャンルは多いと思います。

私は多くの楽器が登場する曲は作らないですし、カラオケにメロディーを乗せる(2~3トラックで終わる)ことが多いくらいですので、これで十分満足しています。制限に引っかかったのは今まで1度くらいです。

Music Creator はバージョン2のころから使っていました。あのころはDAWとしての機能は最低限のものでしたが、その後VSTに対応したりTTS-1が付属したりエフェクトもたくさん付属するようになったりして、使い方の幅が広がっていきました。

0 件のコメント :